何年か前に渋谷の女子コーセーの間で「トイカメラ」が流行った。

......ようなニュースを見た記憶があるが、それが渋谷だか女子コーセーかは定かではないし、本当に流行っていたのかも知らない。ただ、最近はその種のカメラで撮られたであろう写真を目にする事が多い。先日も「カメラ日和」を立ち見していたら、何だか不思議な空間を覗いている気分になった。
 
写真に興味のない頃は、その「ぼやけた世界」の何が良いのだかサッパリ理解できないでいたけど、段々とカメラで写真を撮る事が好きになり、多岐に渡るその表現方法の多さを知った時、この「ユルカワイイ世界」」が、何となく分かるようになった。
 
それまでは「ISOは3200ぐらい欲しいぞ」とか「F1.8のレンズじゃないと」とか、エラソーにカメラやレンズの機械的性能ばかりを追い続けていた。なのに、ある日「カメラ日和」の作例を見てて「ぽろっ」と目からウロコが....状態。
 
今までの必死さと使った金額を考えたら、自分が何を目指してしたのかバカらしくもなって来たし恥ずかしくもなった。 そこで、こんな写真はどうやってとるのか、調べて行くうちに「トイカメラ」に辿り着いたのだ。ロシア製の「LOMOとかスメハチ」とかのアレだ。 しかもコンパクトデジカメに比べても超安いし、近所の雑貨店でも売られていた。
 
これは早速試してみないと.......と思って撮ったのがコレ
c0021694_913819.jpg

そこには、デジタルで表せられないアナログの世界が........。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-05-17 09:01 | デジカメ・写真 | Trackback | Comments(2)

何処へ行ったと言う訳でもなく、今年もあっと言う間に終わってしまったGW。

なのに気が付けば1000km以上も走っており、その間2回も給油していた。先月もガソリンの値上げがあったばかりなのに、5月になると、また値上げがあるかも知れないと聞いていた。だが、カタログ値54Lのガソリンタンク内に貯置きも出来ないから1回の給油では、せいぜい500kmぐらいで給油ランプが点灯してしまう。

で、まず行ったのは5月2日だったが、レギュラーは127円の看板が出ていた.....。
c0021694_16571758.jpg

と言う事は先月と変わりなくハイオクも「134円」だった。高速道路のハイオク価格は「146円」だったので、それに比べれば安い。

だが、その3日後にまた給油した。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-05-15 16:59 | 洗車・燃費・スタンド | Trackback | Comments(0)

今年も来ました自動車税

GWが終わって、さあこれから夏休みに向かって頑張ろう、って時にやって来るのが「自動車税」

毎年、この時期に来る事は薄々感じていながらも、家へ帰って郵便箱を開けて出てきた「納税通知書」の赤い文字には毎回ドキッとしてしまう。

ただ、今年はちょっと違った。封筒には「今年度から、コンビニでも納税できようになりました〜♪」と、さも得意げに書かれていた。しかも「コンビニなら土日、祝日24時間お支払いOK」と、まるで「インテル入ってる」みたいな文字で飾られていたのだ。
c0021694_16505058.jpg

お、そうか、今年からコンビニでもOKか、なら昼間銀行に行く手間も省けて楽だなヽ( ´ー`)ノ

なんて一瞬思ったのだが.......(υ´ Д`)

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-05-14 12:49 | MONEY | Trackback | Comments(1)

「坪尻駅レポート」も遂に3回目になってしまった。

本当は2回でまとめたかったが、後で見たらやたら写真を撮っていたし、まだまだ言い足りない事がある。Aクラスのblogだと思って見に来たら「とんだ鉄ちゃんに出くわした」とお思いの方は、これで最後にしますので、今日も読み飛ばしてくださいm(_ _)m

さて、電車(正確にはディーゼル車、気動車)が去った後は、駅舎探検に行く事にした。噂通りの古ぼけた駅舎だが、以前はポイント切り替えや信号所として機能しており、駅員が常駐していたらしい。だが、その面影もなく今は誰も居ない。

と思って、駅舎内に入ると.....。
c0021694_17353822.jpg

.....中に人影が。

「あ、もう一人同業者の人が居たのか....」先ほどの、電車には乗らなかったのか、はたまた大きな登山用ザックがベンチに立てかけられていたので、ひょっとしたら「駅寝(駅で一晩明かす)の人」かも知れない。

ここは彼と私だけになってしまったので、何も声を掛けないのも気まずいと思い、中に入る時に一応「ちわ〜」と挨拶をしてみた........が、反応ががない。「おい、無鹿よ(υ´ Д`)」と思ったものの、一人こんな秘境駅に来る人は、何処か孤独を愛する人かも知れない。

と思い、そのまま駅のホームへ。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-05-11 17:34 | 観光・ドライブ・遠出 | Trackback | Comments(3)

..........昨日の続き。

しかし何だね、このblogも遂に鉄道ネタを書いてしまったとは。行き着くところまで行った感があるけれど、ここを見ている方の3人ぐらいは「鉄ちゃん」が潜在的に居るのではないかと想像する。

まあ「大人の撮り鉄」(列車の撮影を趣味とする人)の大半はカメラオタでもあるわけで、相互乗り入れを考えると「カメラ→鉄道」も必然的だったかも知れない。だが、鉄道ファン(特に「乗り鉄系」:列車に乗ることを趣味とする人)の方には車は単なる移動手段と考える人も多く、車が趣味という人は少ないかも知れない(逆に車オタは鉄道こそ移動手段だろうと思うけど)。

そんな事より、やっと「坪尻駅」の看板を見つけ、そこへ通じる(と思われる)道も確認した。天気予報は午後から雨で既に曇り空だったから、急いでデイバックに荷物を詰めて、片手にカメラ(DS)を持ちながら下りて行った.........が、ほんの数十メートル下った所で、K10Dを入れ忘れた事に気が付き、もう一度車に戻った。

そこで、スニーカーのひもを締め直し、途中で買った缶コーヒーとK10Dを急いでデイバックに詰め込んで、再度、坪尻駅を目指した。
c0021694_1682645.jpg

「坪尻駅」で検索すると、沢山の訪問者達のblogやHPを見つける事が出来る。また「秘境駅」からでも、簡単に見つけることが出来た。今回も、その情報があってからこそ、ここを下っているワケだが、そうでないと、ここが本当に駅に繋がる道だとは到底思えない。

ただ一部「獣道」と書かれていたが、そんなに悪い道ではない。こう見えても、信州の山々をかなり歩き回った経験があるので、このぐらいの道ではビビらない。

と思ったら........。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-05-10 16:05 | 観光・ドライブ・遠出 | Trackback | Comments(3)

最初に断っておくが、私は「一般人」だ。

決して鉄道ファンでもなければ鉄道ヲタでもなく、俗に呼ばれる「鉄ちゃん」という部類には属していない。だから「キハ58系」とか言われても「何それ?」の普通の人だ。

そんな一般人の密かな楽しみは、お昼休みに「YouTubeでタモリ倶楽部」を見る事だった。

昔からテレビでは時々見ていたものの、時間帯が遅く、どのチャンネルでやっているかも覚えていないので、最近は全く見る機会を失っていた。それがYouTubeのお陰で何時でも見られるともなると画質なんて気にしない(でも著作権的には×なんだろうな)。

で、最近気に入って見ているシリーズの中に「鉄道モノ」がある。タモリ氏自身が鉄オタな上、そこに集まる意外な俳優・ミュージシャン・芸能関係者の反応やコアな会話が面白い。そんな中、先月放送されたと思われる「今夜決定! 三つ星ステーション!」というのを見た。

それには、全国の駅に全部降り立ったという人物(鉄間では有名)が登場し、彼が全国の駅舎から「三つ星」に匹敵する選りすぐりの駅を紹介するのだ。ま、そんなもん見てもカタギの私としては「あーそうですか(´ー`)y-~~」で忘れる所だった。ところが、そこで最初に選ばれたのが、JR四国に属する土讃線の「坪尻」という駅だった。

この駅の特徴は、今や密かなブームでもある「秘境駅」の一つだ。つまり周囲に民家はなく、そこに通じるマトモな道もなく乗降客が極端に少ない駅。「ほう、そんな駅が四国にあったのか」と思い、早速ナビで「坪尻駅」を検索してみると、あった.....。
c0021694_1171261.jpg
〜 カロナビ買い換えたいけど、今年はマイナーチェンジか 〜

そこは、香川県から徳島県へ入った県境の谷間にある駅たった。

だが、期待通り駅に直接通じる道はなく、ナビのゴールは一番近いであろう国道32号線の途中で終わっていた.....。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-05-09 11:04 | 観光・ドライブ・遠出 | Trackback | Comments(7)

.....昨日の続き。

「四国最北端」と言う、どーでも良い場所だが、ちゃんと碑があった。しかも直ぐ近くまで車を止められそうだっので、そのまま車で下りてみた.....。
c0021694_13474917.jpg

「お〜、やっと見つけたぞヽ( ´ー`)ノ 」

ネットで見たとおり、碑には「竹居岬・四国最北端」と刻まれている。その上には、何か竜宮城の入り口のような時計台が乗っているが、その向こうは砂浜の海岸だった。しかし、ここが「最北端の岬」と言うには、ちょっと違う気がする。だって、岬と言うほど先端部分ではなく、ただの海岸なのだ。

そこで海岸線を歩いてみると、西の方に出っ張った岩場が見えた.....。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-05-08 13:44 | 観光・ドライブ・遠出 | Trackback | Comments(6)

前回の「岬めぐりシリーズ」(何時からシリーズになったんだ?)を書いている途中で、ふと「四国最北端って何処だろう?」という疑問が湧いてきた。

「四国最南端の足摺岬」は全国区レベルのメジャー岬であり、誰でも知っている所だ。しかし、それに比べ四国最北端と聞かれた所で、全く思いつかない。試しに生まれも育ちも四国という同僚の何人かに聞いてみたら、みんな「何それ?」だった。

そこで調べてみると庵治半島の先にある「竹居岬」となっていた........が、知らない。

ま、北の端と言えばキビシイ雪国を想像するし、宗谷岬とか竜飛岬(本州最北端は大間岬)なんかは、それだけで演歌やドラマに出てきても絵になる。ところが、四国の北の端なんて、厳しさの欠片も想像出来ない。これは九州の最北端同様に「どーでもいい所」なのだ。

しかし日本列島の4島には、それぞれ東西南北4×4=16カ所の端っこしか存在しないとなると、これは、これでやはり貴重だ。今まで気にもしなかった所だから、大した所では事はないだろうと想像したが、それだけレアな所だとも言える。レア物好きにはたまらない(か?)って事で、GW最初の暇つぶしドライブは、その四国最北端である「竹居岬」に決めた(安上がりやの〜)。

しかし、ここは家から至極近い場所だった。ナビで設定すると、距離にして僅か6.7km、時間は17分と、下手をしたら通勤時間より早く着いてしまう所だった。何だか益々どーでも良いところに思えてきたが........ま、とりあえず出発〜!
c0021694_1152366.jpg

竹居岬のある庵治半島は、今まで何回か日記にも書いた「セカチュウ」のロケ地だ。海岸沿いの道を走ると、確か雨の中のバス停のシーンで使われたのが、たぶんこの辺り。

そこを通れば直ぐに「竹居岬」に到着.........と思ったら、あ、あれ?

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-05-07 10:29 | 観光・ドライブ・遠出 | Trackback | Comments(2)