>

カテゴリ:音楽大好き・楽器( 144 )

決してヒット曲ではないけれど、ちょっと心に残る歌がある。

大抵B面なんかに収められて目立たないし、アルバムの一曲に過ぎないのだが、たまに聞くと歌詞が心に染みて良いな〜と感じてしまうのだ。ただマイナーな曲なのでYoutubeにはライブ盤や音が悪いものしかない。本当はSpotifyか何かで、ちゃんと聴きたい曲だし、この1曲が聴きたいが為にアルバムごと買った事もある。


既に解散してしまったGalileo Galileiの詩は意味深く面白い。

この曲もリズミカルでありなが、なかなか深い突いているのが好きだけど、何故か解散後のベストアルバムには入らなかった曲だ。


続きを読んでみる?
by pingo21 | 2019-07-24 12:24 | 音楽大好き・楽器 | Trackback | Comments(0)

歳を取って来ると、あらゆる物がコンフォート指向になってしまう。

若い頃は乗り心地なんて全く気にしたことが無かったのに何時頃からなのか、やたら快適性を求めるようになった。今更ながら「いつかはクラウン」みたいな意味合いも理解出来るようになってしまったのだ。そして、それは音楽にも...。


いや、もちろんヘビメタなんかも聴きますよ。ただ、それを聴き続けると疲れてしまう。昔の自分なら、この古臭くてクソ面白くもない退屈な音楽には全く受け入れられなかったのに、今になってこれが良いと感じるとは。


続きを読んでみる?
by pingo21 | 2019-07-04 12:21 | 音楽大好き・楽器 | Trackback(2) | Comments(0)

久しぶりのデデマ。

かったるい週明けの朝、仕事に出かける前にでも聴くと、ちょっとテンション上がるかな?


相変わらずの「ボーカルチョップ」って手法なので「歌詞が聞き取れないぞ!」とは考えない事。

モデルの子は「吉田凜音」という、これでもラッパー主体の音楽活動をしているが、同じラップでも太って汗臭いオッサンより良い。20代かと思ったら未だ18歳なのでセーラー服でも許されるか。


続きを読んでみる?
by pingo21 | 2019-06-11 12:25 | 音楽大好き・楽器 | Trackback | Comments(0)

MUSIC BLUE

.....昨日の続き。

実は友人がやって来た本来の目的は「MUSIC BLUE (高松ミュージックブルーフェス2019)」と名付けられた街角音楽祭にある。

c0021694_12110661.jpg

これまたセトゲーに乗っかった音楽祭なのだが、知り合いが出演すると言うので見に来たのだ。

フェスの会場は市内中心部に数箇所。メイン会場は駅裏の大テント広場だが友人が出るのは少し離れた公園前らしい。


続きを読んでみる?
by pingo21 | 2019-05-17 12:20 | 音楽大好き・楽器 | Trackback | Comments(0)

決してアイドルオタクではない。

しかしアイドル戦国時代に、どうやって売り込むのかは興味あるポイント。そこで新たに知ったのが「Wi-Fi-5」と名乗る4人組のユニットだった。


最初は「また似たようなものが出てきたな~」と思いながらも聴いていたら、サビの部分が何だか耳に残ってしまい気がつけば、つい口ずさんでいる。

ちなみに、このMVはiPhoneで撮影されたものだとか。


続きを読んでみる?
by pingo21 | 2019-04-25 12:23 | 音楽大好き・楽器 | Trackback | Comments(2)

音楽マニアの間では昔からアメリカやヨーロパ諸国の音楽だけでは飽き足らなず「辺境ロック」をキーワードに良質な音楽を探求するの事を趣味にしている人がいる。

これもまた、辺境モノと言えばそうだが「Dewa Budjana」というインドネシア出身のギタリスト。その最新作である「Mahandini」を聴いてみたら、いきなりインドネシアの元歌姫みたいなお姉さんが出てきて歌い出した。すぐに閉じようかと思ったら、そこから先が、あらまあ不思議と快感のパラダイス。とは言っても7分以上ある曲なのでジャズ・ロック・プログレに関心のない方は見ずに閉じて下さい...。


スタジオ収録中の動画に移ると、キーボードを彈く長い顎髭を見て直ぐにドリームシアターのジョーダン・ルーデスと判明。

イドン・ジャズ・ファンク/プログレみたいな音楽で全編、超絶技巧テクニカルで凄い演奏に引き込まれてしまった。


続きを読んでみる?
by pingo21 | 2019-02-15 12:26 | 音楽大好き・楽器 | Trackback | Comments(4)

一年ぐらい前かな。

グルドンで、やたら「Maison Book Girls」押しの人がいた。だけど「どーせアイドルでしょう?」と気にしていなかった。ところが昨年末に、この動画に遭遇。これは一体誰?と思ったら、それが「Maison Book Girls」だったのだ。


「レインコートと首のない鳥」とはタイトルからしてアイドルらしかなるアプローチ。しかもアルバムジャケットには彼女達の顔は1枚もない。

決してカワイイ系でもないし歌もダンスも至って普通だ。でも気になるのは音楽の方で、何だろうクセになりそうな変拍子の嵐は。まさか彼女達のオリジナルではあるまいしと思い、そこに隠れている大人たちを調べてみた.....。


続きを読んでみる?
by pingo21 | 2019-01-16 12:09 | 音楽大好き・楽器 | Trackback | Comments(0)

クリムゾン宮殿の湯呑

今、日本をツアー中の「キング・クリムゾン」だが、残念ながら今回のツアーでは、うどん県でのライブは予定されていない。

まあ、こんな所に来る方がレアなので3年前のライブは奇跡に近かった。それでも信者ならば大阪や広島に行くのが普通なのだが、そこまで信仰心もない。そこで行ったつもりでライブDVDでも見ようかと思っていたら、衝撃のアイテムが登場した....。

c0021694_17174169.jpg

それは何と「湯呑」なのだ。

ミュージシャングッズとしてマグカップは定番だし以前からあったが、あれはあれで平凡過ぎる。そこに来た「宮殿湯呑」は最強のアイテムに違いない。恐らくジャパニーズオンリーだから海外のファンとしては垂涎のお宝に違いないのだ(とエセ信者は思っている)。


続きを読んでみる?
by pingo21 | 2018-12-10 12:14 | 音楽大好き・楽器 | Trackback | Comments(0)

イロモノ

昨夜、カミさんと娘は「ボヘミアン・ラプソディ」を見て来たらしい。

だが帰ってくるなり「フレディは似てないわ~」と文句を言う。いやいや映画だから仕方ないだろう。しかし、映画に刺激されたのかライブエイドのDVDを引っ張り出して見ていたら、確か「カップヌードルのCMがあったよね〜」と言う。え?、そんなのあったっけ?と思いYoutubeで探してみると....あった。


そーいえば、あったな。でも、これ本人の声かな?

いや、このCMが流れていたのは2011年頃で、本人は既に亡くなっている。そこで調べてみると「Gary Mullen」って言う人の声らしい。しかも、口の動きは日本語に合わせてCG加工しているとか。当然権利関係はクリアしていると思うが、まさか自分が亡くなった後にラーメンのCMするとは思ってもみなかっただろうに。逆に今流せばかなりのPR効果がありそうだけど.....。

PS:徹子の部屋にも出たらしいけれど、その動画は見つけられなかった。


by pingo21 | 2018-12-07 12:23 | 音楽大好き・楽器 | Trackback | Comments(0)

Spotifyを彷徨っていたら、懐かしい曲に再会した。

「Joe Sample」「In all my wildest dreams」という曲だが、実は曲名なんか覚えていなかった。なので流れで聴いていた時に「あれ、この曲どこかで聴いたことがあるぞ」....と。


あれは24か25歳の頃だったかな。

年甲斐もなく一念発起して、地元(倉敷)の楽器屋にあるキーボードスクール(まあ、所謂ピアノ教室)へ通い始めたのだった。


続きを読んでみる?
by pingo21 | 2018-10-25 12:26 | 音楽大好き・楽器 | Trackback | Comments(3)