7月の燃費

やっと梅雨明け?

しかし今年の雨は予想外。実は家のすぐ近くでも崖崩れがあったりして、ニュースに出てくる災害が他人事とは思えなかったのだ。実際、倉敷の水害地には知り合いの家があって、ちょっと心配している。そんな雨の日に給油ランプ点灯。

c0021694_17313293.jpg


それでも乗り続けていたら走行距離表示の数字も消えたので、急いでスタンドへ....。




ハイオク価格は先月と同じ「153円」をキープしたままだった。

最初のガンストップで止めたが、もう1回入れると1万円に届きそう。昨日のニユースでは原油湯価格は下落らしい。でも、その前日は値上げだったので、これは当分高値安定かな?

c0021694_17334604.jpg

燃費は「10.1km/L」と期待したよりは良くなかったが、エアコン・ガンガンのこの季節としては10を切らなかっただけでもマシだ。

それでも長距離燃費は「10.7km/L」と少し下がってしまった。いや、まあ以前に戻るだけか。それでも1回の給油で600km以上走れたのは良い方だと思う。

c0021694_17340536.jpg

西日本では未だに高速道路は寸断されている状態。

うちは関係ないと思っていたけど、昨日届くはずのクロネコ便が未だに到着せず。

c0021694_17344046.jpg

「晴れの国おかやま」だけど、そのキャッチフレーズが逆に災害に遭うことはないと思い込んでいたのかも知れない。普段から備えも心づもりもないので、こんな雨による被害が大きくなってしまったと思う。

私自身も夜中や明け方に避難警告が鳴ると、ウザいと思ってしまった。子供の頃から大きな地震や台風は来ないものだと信じているが、最近は何時か怖目に遭いそうな気がしてならないのだ。

トラックバックURL : https://aozla.exblog.jp/tb/29624873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かいりゅ at 2018-07-12 12:47 x
大雨でご不便をされている方に
お見舞い申し上げます。

ガソリンが高いので、なんとかならないものかと
ネットを漁っていたら
ナフタリンが、オクタン価を上げる。
という噂を発見しました。
10リットルにナフタリンを2〜3個を
タンクへ投入とのこと。
更なる事例を求めたところ、出典と思われる
新聞記事を発見しました。
それはなんと昭和13年の記事でした。
当時のガソリンの品質はいまとどうなんだろうと
調べてみたら、アメリカとの関係悪化で
精油プラントの輸入ができなくなっていたのでした。
そんな状況でのナフタリンだったのでした。

間に受けないで良かったと思いつつ、
でも、ガソリンにナフタリンが溶けるか
試してみたいですね。
Commented by pingo21 at 2018-07-14 15:55
ナフタリンの話は知りませんでした。
そう言えば、昔ガイアックスってのもありましたね。

ガソリンも、そろそろ下がって欲しいです。
by pingo21 | 2018-07-12 12:19 | 洗車・燃費・スタンド | Trackback | Comments(2)