Mercedes A Class 2018: semi-autonomous driving

新しいAクラスの機能を紹介した動画は沢山出ているが、おぉ!と思ったのがこれ。

Rがキツイコーナーでもハンドルがグイグイとハンドルが切れている。C205じゃとても無理だし普通でも先に手が出てしまうが、以前代車で借りたEクラスよりもスムーズな気がする。



車線変更は、やはりある一定の速度以上でないと使えないのだろうか。

高速よりも下道の方で使えると楽なんだけどな~




レーンキープアシストを放置すればアラームが出るのは同じ。

それでも無視すれば減速しハザードを出して停車する。C205でも同じらしいが、路上で試したことがない。


もう一つは、ドアを開けようとしたら後ろから車や自転車が来てしまうパータン。

最初は何やってんだと思ったら、そういう事か。停止してもある一定時間はレーダーの監視が続いているらしい。


この機能はフェイスリフト後のCクラスにも搭載されるらしい。今後、こういう運転支援システム(ADAS)は車格やグレードにとらわれずNTG同様に最新が最良になって行くのかな。

但し、お値段はそれなりになりそうな予感。もうAクラス=安いはないのかも?



トラックバックURL : https://aozla.exblog.jp/tb/29513092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まこやん at 2018-05-28 13:35 x
ACCは初めのうちは面白がって使ってましたが、気が疲れるので田舎の高速で使う程度になりました。
先日初めて立駐に入れる時鏡に映ってる自車を認識してビックリしました。焦ってホイール擦りかけました
アイサイトは馬鹿です(笑)
Commented by pingo21 at 2018-05-29 12:22
私は逆に試乗時には使えないなと思ったACCが、今では高速は勿論、下道でも結構な頻度で使ってます。
by pingo21 | 2018-05-28 12:03 | Aクラス(W177・MFA2) | Trackback | Comments(2)