代車はsmart forfour turbo. その2

.....昨日の続き。

翌朝、再びスマートに乗り込んでみたが、キーを差し込む煩わしさを感じてしまった。目視でちゃんと見ないと差し込めないので時間が掛かってしまったのだ。

c0021694_16580934.jpg

まあ、これは慣れればいいだけの話だが、逆にキーを差し込んだまま外に出てしまう事が何度かあった。キーレスゴーになってから僅か1年半なのに、もうこの手順に慣れてしまったら、元には戻る事に抵抗を感じる。

走りや乗り心地は許容範囲でも、これは外せない便利機能かなと思う。




もう一つ、バックする時は例え小さな車であっても、やはりバックカメラで確認したくなる。

そうなると当然ナビも...となるが代車には装備されていない。ディーラーオプションはあるが「36万円」もする。ただ、インテリアとマッチしておりステアリングスイッチ・バックギア連動等、親和性は高い。ナビはスマホで十分でもETCやバックカメラ、取付工賃込を考えると、これはこれで考慮すべきオプションかなと思う。ちなみにトゥインゴは店独自のオプションで26万円だった。

c0021694_17582650.jpg

面白いのは、時計の表示が狂っていたのでバネルの設定で変更したら、アナログ時計の方もグルグル回って変わって校正された事。

こういうギミックも楽しい。

c0021694_17071815.jpg

タコメーターもあるけれど、大して意識する事もなく6速DCTは優秀で、バドルシフトを積極的に使うことは無かった。

エンジンを切る度にEモードに戻ってしまうが、これで十分な気がする。ただ0.9Lエンジンとは言えターボ故に燃費を期待してはダメかな。高速に乗っても、このぐらいが精一杯か。

c0021694_17351731.jpg

改めてエクステリアを見るとボディカラーが白だと、ホイールやサインルーフの黒とのコントラストが精悍だ。ただ、車のサイズとキャラクターを考えれば、これは無くてもいいかなとも思う。

デザインは良いしノーマルとの差別化の為と思うが、スマートにはアンバランスなホイールに感じた。

c0021694_17072294.jpg

借りた翌朝に気がついたが、サンルーフも標準装備だった。

前後分割式だがサンシェードを手動で開くタイプだった。しかしガラス面は開かない。オープンドライブなら「カブリオを選べ」って事だが既に完売だった。

c0021694_17073200.jpg

初日は、走行音や乗り心地やアイポイントの高さに違和感があったが、3日目ぐらいで慣れてきた。

住めば宮と同じぐらい3日も乗ると、不思議にこれでも良いかとも思ってしまう。いや走り出しはC205も敵わないトルクフルで気に入った。多少じゃじゃ馬的な感じはするが、これを乗りにくいではなく楽しいと変換できた頃から、これはこれでOKな気がして来た。

c0021694_17072830.jpg

まあ、それでも希望するオプションを含んでみると、ターボモデルの乗り出しに300万円は超えそうだ。

当然、兄弟車であるトゥインゴが気になるが、オシャレ度的はC3の方が良いかな。聞いた話によると近々スマートにも安全機能を搭載したタイプも出るそうな。どこまでの機能かは不明だが、息の長いモデルだけに納得する装備で買いたい車だと思う。


トラックバックURL : https://aozla.exblog.jp/tb/29153020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かいりゅ at 2018-01-19 12:32 x
読み進めているうちに、
あちらの国々の1,000cc未満は
日本の軽自動車の感覚なのかな。と
思えました。
ただし、日本では「線引き」がありますが。
また、ダウンサイジングということであれば
453とW168は、今としてはニアイコールな
感じがします。
価格も同じくらいですし。
Commented by pingo21 at 2018-01-19 14:44
サイズ的にも金額的にも、そうなってしまいましたね。
オニギリ型が正常進化していたら、スペック的にはこうなったみたいな。
ただ上手く言えないけど、根っこの部分が違うので似て非なりなのも感じます。
by pingo21 | 2018-01-19 12:00 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(2)