持ち物検査

ランフラットタイヤ仕様の車には「ジャッキアップ」が付属していないと言う。

それでもタイヤ交換する時は必要かと思うが、すぐに空気は抜けないから交換作業はサービス工場でやりなさいと言う事なのか。ちょっと納得したような騙されているような...。でもA250Sはノーマルたタイヤだからジャッキアップは装備されているもんね、と思いラゲッジルームの蓋を開けてみた.....あれ?

c0021694_9102256.jpg

パンク修理に必要な「タイヤフィット」なる物はあるが....。





ジャッキアップは何処に隠れているのだろうかと、中身を全部取り出してみた。

「三角停止板」「牽引フィック」は装備されているが、ジャッキアップらしき物はなし。

c0021694_9101948.jpg

「タイヤフィット」はタイヤシール剤のボトルとコンプレッサーが装備されている。

納車時には修理剤があると聞いたが「はいはい」と言ったきり、一度も確認はしていなかった。

c0021694_9101510.jpg

パンクは滅多にしないと思っていたが、前車のA200Tではバンクしてしまった。しかもタイヤが外れないと言うアクシデントもあり最終的にレスキューを頼むという失態をやらかしたばかりだ。それ以前もパンクを2回経験しているし同僚のバンクを手伝った事もあるので、今後もパンクはしないとは言えない。

とりあえず修理キットがあれば安心かと思うが、イザと言う時になって何も見ずに出来るかな?

c0021694_9101710.jpg

あ、いや問題はジャッキアップだった。

確かA200Tは横の小物入れの所に入っていたので、ひょっとしてココかな? と開けてみたら、そこには「救急セット」だけ。反対側も確認したが、やはりなかった。

c0021694_9102826.jpg

ひょっとして入れ忘れ? いやいや、昔のイタリア車じゃあるまいし、そんな事はないだろうと取説で確認してみたら「タイヤ交換工具(ジャッキ 車止め ホイールレンチ)は装備されていません」と書いてある。

てっきり装備されているのかと思っていたのに、元々無かったとは。残念だったと同時に、タイヤフィットを仕舞おうと中腰になったらグギッ!と腰に痛みが.....あぁぁ~ギックリ腰をやっちまった(涙 ダブルで残念。
トラックバックURL : https://aozla.exblog.jp/tb/22017369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まこやん at 2014-04-21 12:35 x
ISはランフラット、ノーマルタイヤ、スペアタイヤ、修理キットが選べました。

スペアタイヤが無いと不安なのでノーマルタイヤとスペアタイヤの組み合わせにしました。
Commented by がっちゃん at 2014-04-21 19:06 x
うちは、ムーブとクラウンは、スペアタイヤのスペースにアンプやら、なにやらつんでいるため、割り切ってパンク修理剤をつんでいます。
でも、パンク修理剤なんて、あんまり役には立たないんだろうな。
…とは、思っている。
Commented by pingo21 at 2014-04-22 12:10
やっぱりスペアタイヤがあった方が安心ですね。
でも世の中的には無い方向なので仕方ないのかも。
穴の大きさによると思うけれどイザという時に上手く修理出来るかな?
by pingo21 | 2014-04-21 12:22 | Aクラス(A250Sport) | Trackback | Comments(3)