>

とりあえず550km

RNC7に乗り始めて約3週間。初めての連休を終え、ざっと計算してみたらところ「550km」走っていた。

今年のGWは8年ぶりの連日晴れ日だったようで、これはラメラールーフ開けて走るより自転車に乗らなければ勿体無いと思った。そこで雨の日以外は少しでも走ろうと思ってたら、同窓会へ行った日以外は毎日乗ってた事になる(←安上がりなGW)。

しかし天気が良かったな〜
c0021694_1415274.jpg


以前も書いたように初日の4/29日に、最初の目標であった100km越えの「107km」を走ってみた。

しかしロードに乗りだして、まだ3回目という事もあり、こんな乗り方で良いのか悪いのか、まだまだ分からない事だらけ。そこで諸先輩達に色々と尋ねると「とりあえず1000km走ってみろ話はそれからだ」的な意見が多かった。それもそうだ言葉で説明されるより体感した方が分かりやすい。

って事で、次の目標はトータルで1000km。




しかし100km走って家へ帰ると体がボロボロだった(笑

クロスだと70km走っても平気だったのに、ロードだと僅か50kmぐらいでも普段使わない筋肉を使う為なのか、あちこちが痛かった。やはりロードは全身運動なのだと実感(これは痩せるぞw)。

しかし、これは「ポジションが定まっていない」事でもある。最初の1回目の走行の後は、右足の後ろ(腓腹筋かヒラメ筋)が突っ張った様に痛くて2週間経っても痛みが残っている状態だった。

恐らくサドルの位置が高すぎる(←足が短い)のだろう。そこでクロスバイクのそれと比較してみたら2cmぐらい高かった。たぶんSPDシューズを履くと丁度良い高さになるのかも知れないが、今はフラペのままだ。もう一度店へ行って再度高さ合わせをしたら痛みは段々と減ってきた。サドルを下げるのは格好悪いが、痛みには代えられない。

ついでにサドルの位置も少し前方へ移動。それでも、やっぱりハンドルが遠い気がする。ステムは短い方だが手も短いし(←どんな体やねん)もっと前傾姿勢かな。
c0021694_15591148.jpg

もう一つ、気になったのが、せっかく選んで注文したPD-A530(SPD/フラットペダル)だ。どっちつかずのペダルだが、信号でストップして次に漕ぎ出す時には、どうも裏返っている確率が高い。これが距離を走る事に煩わしくなってきた。

「だから最初はフラペで良いと言っただろう」って言われそうだが、一挙にSPD-SLでも良かったのかと少々後悔している。だが、まだ走り始めたばかりなのでRNC7の使い方を決めかねているし、せっかくSPDが使えるなら最初はSPDシューズにしておこうかとも思う。でも片面SPDだと、また止まる度に探さないといけなのか。

未だに優柔不断。さて、どうしょうかと信号で止まる度に考えてしまう。
c0021694_15594639.jpg


もう一つは「坂道が苦手」になった事。

先のビンディングペダルとも関係があるが、最初に登った12%の坂道はクロスバイクの方がまだ楽だった。本当はクロモリと言えども軽いしコンポも違うからスイスイ登るのかと期待していたら全くダメ(>_<)。

それも、そのハズでクロス(7.3FX)のクランクはトリプル(48/38/28)、カセットは11-32だった。片やRNC7は坂道を楽に登れるよいにとコンパクトの50/34Tでスプロケが14-25Tだ。最初は、その数字の意味することがイマイチ理解できなかったが、自分で10%以上の坂道を登ってみて、その意味を実感している状態(笑 

c0021694_114164.jpg


まあ最初はそんなもんですよ(←と自分に言い訳)。

で、コンポも含めて今更ながら7.3FXはMTB寄りのバイクと言われた理由が、やっと理解できたのだった。そう考えると、私みたいな運動音痴のインドア趣味が長かった貧脚者にとって最初にクロスバイク買ったのは正解だったのかと思う。

いや今更ながら納得している場合ではない。「坂道を楽に登りたい」という当初の希望を叶えるにはRNC7号をどう料理するか。注文時に店主が言っていた、スプロケの一番大きい奴?を21-24-27に交換したら良いのか。でも僅かに25→27だけか。しかしNew105には11-28Tなんてのがあるのが、ちょっとだけ悔しい。

しかし、スプロケが部分的に交換も出来る事が今更ながら分かったが、部分的に換えるよりは全部換えて、それを新しいホイール(6700にチューブレスの予定)に付けてしまおうか、そして今までのはローラー台用に...。

なんて妄想しているが、それをやるには新しいホイールに交換する予定の夏頃になってしまいそう。
c0021694_1164840.jpg


まあ、それまでは日々鍛錬。と言うワケで今まで避けていた坂道の多いコースを2回連続で走ってみたら、少しだけ筋力が付いて来たのか、このままでも頑張れば何とか登れそうな気がして来た。しかし、みんなよくこれでヒルクライムなんてするもんだ。

とりあえず1000km走ってからだな。
トラックバックURL : https://aozla.exblog.jp/tb/14328269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by alfa_driver1972 at 2010-05-11 13:36
もうフラペで乗ってる場合じゃないでしょう(笑)。
SPD-SLにするかどうかも含めて、まずは足固定しちゃいましょう。
笑えるくらい違いますよ。
ペダルの裏表は、専用ペダルだとだいたいクリート面が上向くので、そんなにわずらわしくないです。

坂道は僕も大っきらいの大苦手ですが、ギア比は今くらいでいいんじゃないかと思います。
ここは意識を切り替えて「回す」より「踏み込む」って感じですね、立ちこぎも含めて。
足固定しちゃうと引き足使えるから少しは楽ですよ。

HIDE
Commented by pingo21 at 2010-05-11 16:46
やっぱそうですか。
専用ペダルだと、そんなに煩わしくはないんですね。
意識して回すように努力はしているのですが。
あと立ちこぎが何かぎこちないのが自分でも分かる(笑
Commented by あえ at 2010-05-11 20:20 x
私のスプロケ、以前は12-26でしたが、今は12-23です。
たぶんpingo21さんの14-25Tも乗るうち慣れてくるかも・・・。
高松市香西~根香寺ー五色台は足を付かないで登れるけど、5km以上となるとギアが足りないと感じます。
Commented by pingo21 at 2010-05-11 20:45
あえさんは12-23Tなんですか、それで五色台だなんて凄い。
やっぱり日々鍛錬ですね。
Commented by iZZZ at 2010-05-18 12:51 x
元A170 乗りで毎日このブログを楽しまさせてもらっていました。昨年Aクラスは乗り換えたのですが、わたくしも今年の3月からMTBに加えてロードバイクを始めた(44才です)ので、また楽しまさせてもらっています。ギアの選択は同じ壁に当たりました。コンパクトクランクで12-25Tのアルテグラ6700が元のカセットでしたが、鍛錬コースの激坂をどうしても上れず、ホイールの追加とカセットの追加をしました。結果的に10速、12-25T,11-28T,12-27Tと3種類をコースによって使い分けていますが、それぞれ確実にいける場所が違いますね。
相当の坂でもなんとかあがれる自信がつき、次第に脚ができてきた今は、12-27Tを普段使い琵琶湖周回などでは11-25Tと組み合わせて楽しんでおります。バイクだけはCannondale super six3なんてレースでも使えるバイクでスプロケが28Tなんてアンバランスですが、素人の楽しみで遊んでいるので、とにかく気持ちで’行ける’というのが大事だと割り切っています。Mac歴18年、A-class,デジカメ,自転車となんだか似ていて思わず書き込んでしましました。
Commented by pingo21 at 2010-05-18 15:58
iZZZ さん、こんにちは。
同じような趣味の方に出合えて、こちらも嬉しく思っています。Cannondaleのsuper six3だなんて、めっちゃ軽そうですね。
ある方が書かれてましたが、最後の1枚は、お守りのようなもので使わなくても、あれば安心して頑張れる、みたいな事を書かれてました。
結構、気持ちが大切ですよね。段々とAクラスネタが枯渇して来ましたが、ロード乗りの方も意外に多くて嬉しい限りです。
by pingo21 | 2010-05-11 12:17 | RNC7(ANCHOR) | Trackback | Comments(6)