>

クロスバイクへの道 〜 サイコン着けてみました 〜

.......昨日の続き。

そんなワケでサクッと装着完了。
c0021694_1424534.jpg

いや、そんなにサクッとは行きませんでしたが、まあ何とか30分ぐらいで完成。

おかげで、ハンドルバーの周りが賑やかになりました。本当はステムの上に取り付けたかったのですが、付属のクレドールは構造上無理でした(いやブラケットを180°回せば出来るかな?)。そっちには「KNOGのNERD」かケイデンスが計れるサイコンでも着けてみようか。でも余計にゴチャゴチャしそうです。





ナビで言う所の車速は、このスポークに取り付ける磁石とフロントホークに取り付けられたセンサーで拾うことになります。

これはナビ取り付けの際、車速の取れない古い車のタイヤを磁化して車速の変わりにする事と同じですね。磁石とセンサー間のスリットは1〜5mmと指定されているので、ちょっと調整に手間取りました。
c0021694_17275769.jpg

後はブレーキワイヤー等に線を這わせてハンドルの所のメインユニットの付くブラケットに接続します。

いや取り付け順序は逆でした。最初にブラケットを取り付けてから配線してセンサー取り付けです。ブラケットは、そのままではハンドルバーの口径が細すぎたので付属のアダプターが2種類の内の1つを噛ませています。

配線のコードは思ったより短く後輪から信号を得る事は出来ません。
c0021694_1444769.jpg

配線の処理も適当ですが、これで何とか取り付け終了。初期設定を済ませ、とりあえず前輪を回して磁石を上手く感知しているか確認します。まあ何とか無事に成功。

次に「心拍センサー」を体に取り付けてみます。その前に、心拍センサーと本体間は無線なので、こっちにも電池を入れておきます。最初は何だか「初めてのブラ」みたいで、小っ恥ずかしいですね。これ着けている時に娘が部屋に入ってきたら変態オヤジと思われるかも(笑

ただ、緩すぎずキツ過ぎずで着けないと走行中にズレ落ちたり跡が着いたりするので、やっぱり肩ヒモが欲しい所(笑
c0021694_1435711.jpg

さて、昼間の明るい所で試走してみました。

とりあえず、近所の「吉野家」まで朝定食を食べに(←またか)軽くポタります。ちゃんと心拍数も表示され、速度も拾っていますね。左の半月状のマークは運動強度を表すグラフで、体脂肪の燃焼効率の良いゾーンに来ると「ピッ!」と鳴ります。その上は体力アップゾーンとなります。やっぱり少しハァハァぐらいしないと脂肪は燃焼されませんね。

走行時間とか消費カロリーも見ることは出来ますが、心拍数以外は小さな表示であり走行中にボタンを押して切り替えるは難しいし危険です。
c0021694_1432113.jpg

そんなこんなで色々と試しながら吉野家へ到着。

自転車から外しても心拍数は拾っています。逆に、心拍センサーを取り付けなくても速度表示は出ます。ただ一番大きな表示は--のままで、表示の入れ替えが出来ないのが残念。あと、心拍センサーが近くにあるとスリープモードにならず、電源オフのスイッチが欲しい所。逆に記録中に離れると自動的にデータ保存されて表示はリセットされます。

朝定食を食べながら見ていましたが、食事中でも大して心拍数は上がらない。
c0021694_1433365.jpg

一通り走り終えた所で、いよいよパソコンにデータを落とします。おっと、その前に付属のソフトのインストールをしておく必要がありますね。残念ながらMac OSには未対応なので、XPかVISTAマシン等(PC/AT互換機)に限られてしまいますが。

それでは付属のクレドールに取り付けてUSB接続をします........が何故か転送出来ません。表示にはちゃんと「PC」の文字が出ているのに何故? と色々と原因を調べた結果、ちゃんとクレドールに填っていない事が判明。中途半端でもPCの表示が出ていたので分かりませんでした。
c0021694_1434680.jpg

で、そこをカチッと奥まで入れると勝手に転送されます。

初期設定は本体で行いますが、タイヤの大きさに「700×32C」が無かったので、ここで正しい数値に設定し直しました。あとは、生年月日とか身長とか体重とかの入力です。
c0021694_1441033.jpg

入力が終わって見てみると、様々なデータがグラフ表示されてます。

途中で心拍数が欠如していますが、これは電車の線路沿いの道を走った時で、その他にも高圧線とか信号機の影響とかもあるらしいです。まあ電波ですから完全ではないみたい。そうでない場合は結構忠実に表示されます。肌に触る電極側には金属はなく普通のゴムバンドなのに不思議ですね。

ただ、ちょっと走っただけで汗が溜まったり、逆に寒い朝だと取り付けた時にヒンヤリとするのが、ちょっと嫌です。とりあえず、通勤時にどのぐらいカロリー消費をしているのか確認したら、後は休日のポリング時以外は、あまり使いそうにありません(と言いながら今のところ毎日使ってますが)。まあ、心拍センサー着けなくても速度と距離は出るので、一応の目安にはなりますね。

データ表示は1回分だけだと思っていたら、トータルで28時間ぐらいまでは行けるので、一週間まとめてデータ転送しても良さそうです。他にも色々と入力出来る項目があるので、それらを使うと俗言う「健康管理」的なものも可能かと。ただ、これらデータが固有のパソコンのみでしか見られないのはちょっと残念です。

やはり「e*meters」みたいにネット上にデータ置いて、他のパソコンからも見られるようにしたら面白いかな。
c0021694_1442153.jpg

たぶんレースなんかに出るアスリート向けのサイコンとしては物足りないかと思います。そう言う人には、やっぱり「ポラール」辺りなのかなと思います。ちょっと高いけど。

確かにケイデンスや平均速度などの表示があれば嬉しいですが、走った分の消費カロリーが出ると、メタボおやじは「食べた分取り戻そう」と頑張りますね。あとリアルタイムで分かるので、もう少し走ろうって気にもなります。自転車以外でもウォーキングやジョギングでも使えますし、そう言った人向けには結構良いんじゃないでしょうか。

と何のオチもなく普通の製品紹介してしまいました。明日も天気だガンバロウ!
トラックバックURL : https://aozla.exblog.jp/tb/11414543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 福ちゃん at 2009-04-30 00:28 x
綺麗な写真がいっぱいのブログですね。
カメラは何を使っているのですか?
Commented by ふら@iPhone at 2009-04-30 08:03 x
早速たりつけましたね(^^;;
サイクルコンピュータ便利ですよね。
うちのは、ワイヤレスの心拍計なしのです。
昨日昼に山田屋を経由し今松山です(^^
Commented by pingo21 at 2009-04-30 11:05
>>福ちゃん
上の写真はペンタックスのistDS+ FLEKTOGON 35mm/f2.4という旧東ドイツのレンズです。
どちらも古くて今は売ってません。他の写真は同じくペンタクスのK10DとリコーのGRDIIです。
K10Dは主に16-45F4のレンズを使っています。最新鋭機でなくても写真はレンズ次第かな。

>>ふらさん
何かと便利ですね。もう少し早く着ければよかった。
GWですね。車多いけれど、お気をつけて。
by pingo21 | 2009-04-28 12:13 | 7.3FX(Trek ) | Trackback | Comments(3)