またまた変な物を買ってしまった (´・∀・`)ヘ

その名は「サウンドシャキット」なのだ。

って、それは既にAに付いていたハズだと思われるかも知れない。だが今回買ったのは、そのホームオーディオ用とも言うべき「SS-1000」というタイプなのだ。しかし、ネーミング同様これまた「あやしい雰囲気の商品」だった。

いや「サウンドシャキット」が、どういう物かは100も承知だ。もうこれ無しではAの中では音楽が聴けないぐらい(大げさだな)実感している。だから、それと同じ「Speaten Chipを採用」しているから、車載タイプ同様、家のオーディオ類でも「歯切れの良い音に激変する」のではないかと期待した。

シャキットの効果を漢字で書くと「音響波形強調装置」らしい。だから単純に低音と高音をイコライザーで持ち上げただけではない、それこそ一つ一つの音を強調させ、つまり「シャキット」させる装置なのだ。

接続は単純で車載用がSP出力の間に置くと言う「こんなんで、大丈夫かな?」と思ったのに対し、これはプリとパワーアンプの間に置くように、ちゃんとRCAピンが付いている(しかも金メッキだ)。

ただ、価格は¥12,800(税別)と車載用に比べて随分安いのがちょっと気になった。同じ性能なら車載用だって少しは安く作れるだろうにと思ったし、その形がどうも「いい音を期待させる」物には見えなかったのだ。それはもうメイドインチャイナのバッタ物風で「本当にこれで音が良くなるのか?」と疑問を抱き、長い間手が出せなかったのだ.........。

ところが、先日ふとヤオクを見れば、この「SS-1000」が出品されているではないか。

それは定価の半額以下だったので「どーしょうか」と一週間ぐらい悩んだ。きっと誰かが落とすだろうと思ってたが、それでも誰も買わなかったのを見て「まあ、安いから遊びで買ってみるのも悪くはないか?」と思い、つい何時もの調子でポチッと落札してしまったのだった。
c0021694_11344212.jpg
〜 ちょっと怪しいロゴ 〜

早速到着した、箱を開けてみると.....。

続きを読んでみる?
# by pingo21 | 2005-04-28 11:32 | ナビ・オーディオ・ETC | Trackback | Comments(0)

先日、入手した旧東ドイツ製のレンズ「Carl Zeiss Jena DDR MC Flektogon 2.4/35」で是非、撮ってみたい物があった。

それは「おいしそうな食べ物」だった。いや本当は一番最初に「このレンズで撮った美味しそうな食べ物」に引かれてレンズの入手を決断したと言っても過言ではない。

事実、このレンズで撮った写真系のBlogで「怪獣ごちそう同盟」という、ちょっと恥ずかしいネーミングのBlog集団がある。どうも、このレンズで食べ物を撮ると美味しそうに見えるらしいのだ。

そこで家で色々と写真を撮ってみたが、どうも美味しそうと言うか普通の写真にしか見えない(単に腕が悪いだけだが)。そんなワケで何処か「美味しそうな盛りつけの店」にでも行って写真を撮ると、料理本に出てくる様な「それらしい」写真が撮れるかと思っていた。

で、昨夜。

同僚から「食事に行くけど付き合う?」ってお誘いを受けて「おぉ! これは良いチャンスかも知れない」と思いOKしたのだった。行ったのは以前2回ほど行った事のあるレストランバーみたいな所(結構オシャレ系だけど味もいい)。

あそこなら、色々と美味しそうな物が撮れると思い期待して行ったのだが、なんと閉店していたのだ(>_<)。仕方なく隣の店へ。そこも同じ様な店なのだが(味はイマイチ)、店内が異常に暗かった。少しでも雰囲気を出そうと思っているのか、明かりは天井からのスポットライトとロウソクの炎だけ(まあオヤジが来る所じゃないな)。

だから「これで写真撮れるかな?」と思いながらも、注文した物が来るたびに「パシャリ」と撮ってみた。「う〜ん、やっぱり暗すぎ」、それは手ぶれやピントズレの量産だった(υ´ Д`)......と言うワケで今回の美味しそうに撮ろう企画は失敗。もう少し勉強してからにしょう。
c0021694_11335593.jpg
〜 ちょっとピンボケ 〜

そうやって一生懸命で写真を撮っていると、周りの同僚からは冷ややかな目線が.....。「ちょっと恥ずかしいから止めてよ」の空気が漂っているのだ。そりゃそうだろう、こんな場所で厳つい一眼レフで写真を撮っていたら、お店の人だった「なんだあいつは」って思うに違いない。

続きを読んでみる?
# by pingo21 | 2005-04-27 11:31 | デジカメ・写真 | Trackback | Comments(0)

良い車の条件

半年ぐらい前「あ〜、やっぱり次もAクラスかな」と思い始めた頃、今の車と別れるのが急に寂しくなった。

まあ車を擬人化して「○○ちゃん」と呼ぶ程のめり込んでいるワケではないが、6年も、ほとんど毎日同じ車に乗っていると「情」ってやつが移るのも。特に、このAクラスと始めたHPだから、読み返すたびに「あ〜んな事」「こ〜んな事」があったんだと思い出にふけるのだ。

6年間という歳月は今まで乗り継いだ9台の車の中で一番最長だった。いや、前車であった「シビックフェリオ」も6年近く乗っていたと思うが最初の2年ぐらいは妻専用車だったので、一番長く付き合ったのは、この車になると思う。

最短は一番最初の「ミラージュ」だったかな? 昔は初回車検が2年だったから、今より手放すサイクルが早かったかも知れない。

移り気な人は車検を待たずして次から次へと車を乗り継ぐ人も多いが、例え原資が豊富でも「車なんてどーでもいい」と思っている人は10年以上乗っている人も多い。しかし「この車だ〜!」と納車前からの思い入れが大きい程、飽きるのも早い気もした。

買ったばかりの最初の頃の日記に、駐車場に止めても時々振り返って「あ〜、やっぱりいいな〜」と一人ニヤニヤした事を書いた事があった。その感情が何時まで続くのかと思ったが、流石に最近は、そこまで無いが、それでも時々思う事がある。
c0021694_1148385.jpg
〜 もう散ったけど桜とAクラス 〜

それは最初にエンジン性能とか走りとかエンブレム以前に「デザイン」に引かれた車だからと思った。だからたぶん、これからも、いくら性能が良くてもデザインに引かれない車には乗らないと思う。

続きを読んでみる?
# by pingo21 | 2005-04-26 11:45 | Aクラス(W168 A160) | Trackback | Comments(1)

MONEY!

それは2ヶ月前の話。

新しいAの注文入れた時「そろそろ資金をかき集めておかなければ」と思っていた。それで密かに置いていた「郵便貯金」に今幾ら貯まっているか、ちょっと残金確認してみたのだ。

しかし、一年半前に置いていた預貯金の利子が僅か数百円だった。2通目の通帳って事もあったので、郵便貯金故のボランティア貯金の為、20%は寄付した形になっているのだが「た、たったこれだけ?」と思う程しか利子が付いていなかった。

それもそのハズ。とりあえず普通口座へ入れておき「後から定期へ」と思ったものの、すっかりその事を忘れていたのだ。だから1年半経っても利子は、ほとんど無いに等しかった(まあ定期にしたって知れてるが)。しかし郵便局では他銀へ送金するにも不便だし、面倒だし、遠いし、金利低いし......以下省略

そんなワケで郵便局にあった、お金を全額「新生銀行」へ移すことにした。

まあ、移しても5月中にはほとんど無くなってしまうのだが(υ´ Д`)。しかし郵便局から新生銀行へお金を移すには一度現金にしてATMから振り込まなければならない(窓口から直接振り込み出来ないよね?)。数万円なら兎も角ちょっと、まとまったお金をATMから一ずつ入金するには人目がある。

そんなワケで下ろした札束を密かに新生銀行まで輸送する事にしたのだ。

で、ある日のお昼休み。とりあえず身分証明は必要だと思い運転免許証は持参して郵便局へ。出金の手続きをして運転免許証を提示し順番を待つ(ちょっとドキドキ)..............しかし自分のお金だと思っても、大金を全額引き出すと何か「詐欺まがいの犯人」みたいで落ち着かない。「いや、これは自分のお金」だと思っても、どうも局員の目を気にしてしまうのだ。

だが、それは案外あっさりと終わった。

「○○さ〜ん」と呼ばれて窓口に行けば、札束が重なっている。「お〜、こんな光景滅多に見られないぞ」ここは一つデジカメでパチリ......なんて余裕もなく用意された紙袋に現生を詰めて(これが上手く入らない)、慌てて局を出た。

その光景はスキミング詐欺に雇われた実行犯と思われても仕方ない程「あやしい」光景だっただろう。ただ以前銀行で、結構なお金を用意してもらった時は、ちょっと奥の部屋で「コッソリ」受け取ったのだが、こんな大々的にお金を積まれてたらドギマギしてしまう(υ´ Д`)

1000万円ぐらいだったら奥の部屋なのかな.........?
c0021694_1130584.jpg

そんな、こんなで次は新生銀行へ向かった.......。

続きを読んでみる?
# by pingo21 | 2005-04-25 11:31 | MONEY | Trackback | Comments(2)

ちょっとネタ詰まり。

と思ったら前回掲載出来なかった「Aの車窓から」の残りがあった。と言うワケで今日は、毎日の通勤&遠出で見つけた没ネタ写真の羅列。個人保護法ギリギリの「Aの車窓から。第9弾」を行ってみょう〜!

 -----------------------【その1】----------------------- 

c0021694_114440.jpg


高速道路の下を走っている時、右斜め前方に、この車が目に入った。最初は「派手なルーフスポイラーか?」かと思いきや、目を凝らしてよく見ると、それは単にバックドアが跳ね上がっているだけだった。

「運転手は気づいているのかな?どうなのかな?」と思いながら近づいて見ると、オバさん風の人物が黙々と運手していた。「やっぱり気が付いていないのか?」でも、ここまで大きく開くと音で気が付きそうだが、ひょっとしたらバックドアがロック出来ずに仕方なく走っているのかも(汗)。

そう言えば、こんな光景前にも見たことがある。ただ閉まらないだけでも走っていたら勝手に跳ね上がってしまうのか。時々、子供の自転車を乗せたが入りきらずに、こうやってバックドアを開けたまま走っている光景を目にする事がある。

まあ、エンジンが始動しないとかの不具合ではないが、ちょっとぶつけて凹んだ車で走るよりは勇気が要る。いや、注目度抜群だから「ある意味ランエボの羽」より目立つカモ。

続きを読んでみる?
# by pingo21 | 2005-04-22 11:09 | Trackback | Comments(0)

個人情報(過)保護法

先週「法定1年点検のご案内」のハガキが届いた。

来月納車が分かっていながら、全く縦割り行政らしい....(ry なのだ。誰か知り合いに譲るなら最後の点検(ブレーキパッド交換まで)を、キッチリやろうかとも思っていたが、このまま行くとヤナセの下取りになってしまうので、そこまでお金を掛ける必要もないだろう。

で、この事を先日の営業氏との話でしたら「ああ、ほっといて下さい」との事だった。まあ言われないでも、ほっとくが日付は「5月24日までに」と書かれていた。そうか、6年前の5月24日が納車日だったのだ。いや違う、この日記の一番最初の所を読むと登録が、その日で実際の納車は5月28日だった。だから、たぶん今回も月末ギリギリではないかと思っている。

んで、そのハガキをよく見れば「シールを剥がして、ご確認下さい」とある。「はて?当たりが出たら点検無料か?」(な、ワケないが)と思い、剥がしてみると「ナンバープレートの番号」が書かれていた。

そうなのだ、今月から始まった「個人情報保護法」の一環と思われる、情報漏れを防ぐ為にシールが貼られているのだった。だから昨年までは堂々とナンバープレートの番号が書かれていたのだが、車にナンバープレートが付いているのだから大差ないと思うけど(^^;)?
c0021694_10352185.jpg

昔は車のナンバープレートから、簡単に個人情報が引き出せたが、今はそれも出来ないんでしょうね? いや、何か嘘の理由でも書けば分かってしまうのかな?

続きを読んでみる?
# by pingo21 | 2005-04-21 10:36 | 生活・健康・体 | Trackback | Comments(0)