<   2006年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

A200Tに乗り換えて、一番最初に試したかったオプションパーツが「パークトロニック」だった。

あれは去年の2月初旬だっただろうか。A200Eの商談中、この「パークトロニック」の事を尋ねると、ヤナセのセールス氏の説明によれば「音が小さい、反応が鈍い」との話しだった。前方のセンサーにも魅力はあったが、主に後方だからだと思い、結局バック専用のディーラーオプションを選んだのだ。

だが、その後、本国で「パークトロニックの部品」の調達が間に合わないとかのトラブル(?)があったそうで、その結果、このオプションを選択した車両の納期が大幅に遅れてしまった事があり、結果的には選ばなかった方が正解だった。

納車後はディーラーオプションのバックセンサーを使っていたのだが、感想としてはセンサー感度が高すぎると思ったが、決して悪くはない。ただフロント側にセンサーがないので、狭い駐車場で切り返す時なんかは、前方が全く見えないために「フロントもあれば...」とも思っていた。

それが、A200Tの乗り換えと共に「パークトロニック」が選べるようになった。メーカーオプションゆえに価格的には工賃がかからない分、ディーラーオプションのバックセンサーより、ちょっと高いだけ。ほぼ同じ値段で前後が分かれば、こっちの方が良さそうだと思ってオーダーした。

純正のメリットとしてはバンパー同色ってのもあるが、ディーラーオプションの物でも、そこだけ塗装する人も多いとか。σ(^.^)の場合、それはどっちでも気に留めなかったのだが、言われてみればDBでは目立った。ただ、それはアクセントとして個人的には嫌では無かったが、ドアノブもストップランプも全部同色系にしたい人にとっては結構、嫌らしい。
c0021694_12191186.jpg
〜 バンパー非同色のリアバックセンサー〜

ちなみに「Bクラス」のディーラーオプションには「フロントセンサー」が存在し、塗装対応もある。ただお値段が前方だけで「パークトロニック」並みになってしまうので少々考える所だろうか。他に問題も考えられるが........。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2006-02-28 10:57 | Aクラス(A200Turbo) | Trackback | Comments(5)

「A200T」のネタは、まだまだあるのだが、今日は別ネタで.......。

なんて事を昨年の今頃も思っていた事に驚き。まあ同じ人間が書いているのだから仕方ないにしても、去年の今頃もまた「新しいAクラスの話しばかりだっので......」って書いてたのには思わず苦笑してしまった(一年前はVRのA160だったんだ)。

で、毎年この季節になるとユウツである。何だか手つかずの夏休みの宿題を放置しておきながら、段々と新学期が近づいてくる心境なのである。だから早いこと済ませれば良いのに、分かってながらズルズルと日にちだけが過ぎて行く感じなのだ。

確定申告も年々簡単にはなって来てはいるが、こちらの事情が毎年変わっているので「例年通り.....」って言うワケには行かないのである。今年は、とりわけ昨年の「株式売却の利益」ってのが、ほんの僅かながらあった事が、ちょっとだけややこしかった。

ややこしく、してしまった原因には証券会社で口座を開設する時に「特定口座」を指定しておきながら「源泉徴収なし」にしてしまったからだ。これを「源泉徴収あり」にしておけば、そのまま放置しておいても何の問題もないのだが「なし」にした以上は確定申告をしないとイケナイ。

「何故なし、にしたのか?」と聞かれれば儲かっても「20万円以下は申告不要」のケースがあるので、どのぐらい儲かるか(損するか)は未知数だった。それと、儲かっても税金分先に取られては、運用する元金も減ってしまうのもある。それに、別件で毎年確定申告をしているから、まとめてやれば良いかと思っていた。

ところが、国税庁のHPでやると、どうも「申告不要」と出てしまうのだ。昨年の利益は1銘柄売却のみの、20万円足らずだったから、それはその通りなのだが、他の収入(ちょっややこしい裏事情あり)がある場合、それに上乗せされるハズなのに上手く行かない。

その事に気が付いたのが、土曜日の夜。で、昨年知った「日曜日の税務署相談日」は翌日が最後の日だった。今年こそ「電子申告」して、やろうと思っていたのに(υ´ Д`)。

そんなワケで雨の降る日曜日の早朝に、市内の税務署まで、バスクリン号を走らせた。昨年の経験がある為に、朝早く行けば駐車場は空いているのだ.......しかし雨か。
c0021694_11275388.jpg
〜 雨の税務署 〜

税務署内へ入ると昨年同様に、受付があり事情を説明すると「それは申告しないとダメですね」と言う........やっぱりそうか。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2006-02-27 11:36 | MONEY | Trackback | Comments(6)

納車されて、今日で丁度一週間となった。

ここで、もう一度一週間前に戻って、書き忘れていた「カロマット」の話しの続きから......。納車を控えた午後3時頃になって、受付のお姉さんが「荷物届いてますよ〜♪」と言って、大きな荷物を持ってきた。

見れば、そこには「KAROism」のロゴが。 それを見た瞬間に「納車日に間に合って良かった〜ヽ( ´ー`)ノ 」と思った。早すぎても邪魔になるし、遅すぎても不便だったから、グッドタイミングで届いた事になるのだ。

以前の日記でも書いたようにA200Eに使っていた純正マットは、端っこが捲れたりしてA160純正マットに比べ値段の割にはイマイチだった。だが、当時は選択肢が他になったのだ(カロのオーダーメードと言う方法はあったけど、ちょっと面倒)。

それが、A200Tの到着を待つ間、昨年末にやっと「W169専用のカロマット」がカタログに載った。純正に比べ少々お高いが、A200Eに使っていたマットと同じななのも嫌なので、注文していたのだった.........。
c0021694_18283368.jpg

思えば「カロマット」はA160の時から長い間買おうかどうしょうかと迷いに迷っていた物だ。W168末期にはヤオクで1万円以下で投げ売りされていた時期もあり、もう少しで買いそうにもなったが、結局A200Eに買い換える事を決めたので、購入までには至らなかった。

ただ、オフ会等で見たそれは、黒一辺倒の内装にはとても鮮やかでスポーティーに見えたので「いつかはカロマット」と思っていたのだ。それがやっと実現されたワケで、長い間の夢(←ちょっと大げさだな)がやっと叶った瞬間でもあった.......。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2006-02-24 12:24 | Aクラス(A200Turbo) | Trackback | Comments(5)

納車の話は3日ぐらいで終わらそうと思っていたのに、色々書いていたら収まらなくなって(^^;)。

結果、既に書いた文章の分割発表になっておりますm(_ _)m 日記でありながらリアルタイムで無くなって来たので、そろそろ戻さないとイケマセン。と言いながらも、今日も一昨日書いた文章になってしまいました(^^;)。

.............で、納車の翌朝。

ちょっと早めに家を出て、駐車場に止まっているA200Tに近づいてみると..........「ん? あ! あちゃ〜(υ´ Д`)」

イキナリこれである。「鳥の糞攻撃」に遭っていたのだった。しかし、代車のTB時は一度も無かったが、やはり色の濃い車ほど、鳥の糞攻撃が多い気がする。しかもド真ん中に命中しているし、見れば横の方まで飛び散っている(υ´ Д`)

なのに、両隣の車には何の被害もないヽ(ー_ー )ノ これは納車オメデトウ攻撃なのか.......。
c0021694_17193969.jpg

緑系の色にも良く反応するのだろうか?A160のボルケーノレッドも結構やられだが、DB色は、まあまあだったかな?  結局住んでいる環境にもよるのだが、自宅も職場も同じようにσ(^.^)の車だけって場合が多いので困る。

ひょっとしたら「正面から見たツリ目」が敵に間違えられるのか。だったら最近のBMW車は全部敵カモ?

そのまま出発するには、あまりにも酷い現状だっので、急いで家へ戻りタオルで拭いて綺麗にしたが、納車の翌日からこうだと、先が思いやられる。早めにポリマー加工をする予定だったが、納車時のワックスが取れてからにしょうかと思っていた。しかし、これは急いでやった方が良さそうだ。

A200Eの時は「ビューコート」を試してみたが、今回は、また別の物を試してみたいと思っている。既に発注は済ましたが、まだ届いていないし日曜日は、どうも雨らしいので何時になるか分からないのだが............こうご期待。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2006-02-23 13:18 | Aクラス(A200Turbo) | Trackback | Comments(3)

............昨日の続き、ガソリンスタンドにて。

フィルムは、濃すぎず薄すぎずだと思ったが、顔料タイプである為か「夜間だと少しだけ中から見えにくい」。見えない事もないが、A200Eの時のフィルムとは少し暗く感じた。それは運転席・助手席側に貼られた透明断熱フィルムも同じで、中から見ても明らかにフロントガラスとの色違いが分かるぐらいだった。これは厳密に測定すると透過率70%無いかも知れない。

しかし車外に出て後ろから見ると運転席が見えない程暗くはないし、人の存在は分かる程度ではある。だが、元々あったリアハッチガラスの黒い縁取りとの差が光の加減では境界が不明瞭となり、角度によっては「後ろ姿がのっぺり」とした印象に見える...........。
c0021694_10352050.jpg
〜 何だかツルっとした後頭部(^^;) 〜

当初、この下の一番薄いのにしょうかと迷ったのだが、間にもう少し薄い色があれば良かったと思う。ただ、これも日中や炎天下だと、またまた見え方が違ってくるので、もう少し様子を見てみよう。ま、フィルムは後々キズが着いたりするから、気に入らなければ潔く剥がせば良いと思っている。

いや、それは勿体ないけど(^^;).......。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2006-02-22 10:40 | Aクラス(A200Turbo) | Trackback | Comments(0)

........ドアを開けると、以前ショールームで見たアバンギャルド限定車と同じ雰囲気だった。

いや、同じハズなのに、自分の車となると何だか違って見えたのだ。ボディカラーも内装色も違うから、余計に違って見えたのかも知れない。A200EからA200Tに変わっただけなのに、全く違った車に乗り換えた気分だった。たぶん間にTB生活を経ているから尚更そう感じたのかも。そう思ったら、代車生活も悪くはなかったと思うが、これでA200Eとの違いが良く分からなくなったとも言える。

中を見回しながら「う〜ん、イイね〜」とニヤけて言うと「シルバーの内装はカッコイイですね」と営業氏も持ち上げる(←商売上手)。ウッドも趣があって、別に嫌いではなかったけどシルバーが良いと言われたら、段々とその気になって来た(←影響されやすい)。

エレガンス車もパーツを交換すればシルバー内装も可能だと思うが、輸入車の内装パーツ一式は国産に比べてベラボウに高かったりする。だから、先の170限定車は、お買い得だったのかも知れない。でもアバンギャルド限定車は、また秋にでも出てくると予想。

しかし、この車「新車臭」があまりしない。A200Eの時もそう思ったが、日本車ほど気にならないのだ。製造から船で運ばれてくる時間がそうさせるのか、元々パーツ類の臭いが少ないのか。唯一ハンドルの革の臭いがするが、A200Eの革シート同様に気になる程度ではない。

さて、TBに残っていた荷物を全部A200Tへ移動して準備はOK。一度、ショールームに戻り、車検証その他を受け取って、セールス氏に見送られながら、いよいよ初乗車となる。

とりあえず運転席に座ると、妙に高い所に座っている気分になった。これはAに初めて乗ったら誰でも感じる事。それが何時の日か忘れてしまうのだが、再び、これを感じるとは。

まずはキーを回しエンジンを駆けてみる......シュルルル......「お〜静かだ!」

たぶん、これもTBとの差であって、A200Eも、ほとんど同じだと思う。だが、先日の「i」とか、うちのフイット号なんかに比べると、この静かさが安心した気分になる。しかし、これも慣れてくると何とも思わなくなり、やがて「ちょっとウルサイんじゃないの?」と思えてくるから、人間の感覚は不思議だ。

続いてライトを点灯させると、スピードメーター内に「緑のライトマーク」が点灯していた.......。
c0021694_10231879.jpg

「あ、ハイビームか?」と思い、レバーを操作すると、今度は青色のハイビームランプが点灯した。「え? じゃこれは何?」と思ったら、これはロービーム表示。つまり「ライト点いてますよ〜」という表示なのだ。

後で分かった事だが、夏頃のランニングチェンジで「メーターパネルの照度アップ、意匠変更」があったらしい。メーター内がシルバーだから、当然変わった様に見えるのだが、意匠変更ってこの事かな? フォントもちょっと変わったのかな?? いやそれは一緒か。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2006-02-21 10:33 | Aクラス(A200Turbo) | Trackback | Comments(9)

【2月17日(金)】

午後から仕事も暇になり、段々と納車の時間が気になりはじめた。すると午後3時を回った頃だっただろうか「荷物来てますよ〜♪」と受付のお姉さんが何やら大きな箱を持って来たのだ。見れば箱には「KAROism」のロゴが。

「お〜! 丁度良かった」先日注文していたカロマットが納車の日に届いたのだった。予定では来週かと思って諦めていたが、これで一安心(カロマットの話はいずれまた後日に)。

そして午後4時半頃になって、今度は「任意保険会社」から電話がかかってきた。何時もの担当の人では、なかったが「ディーラー様より、ご連絡頂いたのですが......えーっとベンツからベンツへお乗り換えで宜しいですか?」だった。何だか話がややこしいが、その通りなので「そうです」と応えると、現状維持の継続条件だと保険料はそのままで、追い金は発生しないとか(たぶん、また1000円以内)。この時車、新車特約の保険額(全損した場合下りる最高保険額)は「420万円」に設定したらしい。

前回のA200Eの時は確か「390万円」だったから、オプション類を考えると足が出る計算だった。だが、今回は全損しても、もう一度買える程度の価格設定になった。まあ事故しなければ、こんな額は気にしなくても良いのだが、世の中何が起こるか分からないから、多いに越したことはない。ちなみに自損の場合は「もう1万2千円ぐらいだったかな?」上乗せすればOKだが、元々の保険料が高いので、今回も、それはナシで行く事にした。

って事で、保険会社から連絡が入ったと言う事は、車検証が既に下りた事になる。準備は万全だ。そうなると、後はいよいよ車を取りに行くだけとなった。

そして、やっと仕事が終了。約束では6時前までには行くと言っていたが、職場を出たのは午後5時40分。受け取り予定の三菱のディーラーまでは通常なら10分程度で到着する。だが、こんな日に限って、渋滞なのだ.........。
c0021694_9582266.jpg
〜 TOYOTAの看板の向こうのダイハツの看板の向こうに三菱の看板がある 〜

時計を見れば、午後6時5分前だった。やっと三菱の看板を確認して、一番手前の駐車場に車を止めた。これでTBとの代車生活も終了だ「今までありがとうTB」...........そして荷物を持ってショールームの扉を開けた............。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2006-02-20 10:02 | Aクラス(A200Turbo) | Trackback | Comments(13)

【2月14日(火曜日)午後7時半】

そばに置いていた携帯が鳴り、見ると担当のセールス氏からだった。最近は、携帯で連絡を取り合う方が早いと思ったのか、直接携帯に掛かってくる方が多い。これが仕事中だと、ちょっと困るが、この時間は既に夕食を済ませて、テレビを見ながらゴロゴロしていたのだ。

電話の内容は大体予測できた、たぶん納車の事だ。と思って電話に出ると「何とか予定通りに車検証が取れそうなので.....」って話しだった。

と言う事は、最初の納車予定日である「2月17日(金)←つまり今日」に、待ちに待ったA200Tが来るって事だ(゚∀゚)/

さーって困ったぞ。いや困る事はないか、まずは車をどうやって受け取るかだが、車検証が取れるのがお昼過ぎ頃になるので、それ以降って事になる。どっちみち仕事が終わらないと持って来てもらっても、手が放せない。お昼休みに慌ただしく受け取るのも嫌だし、職場の駐車場でお披露目されても周りのギャラリーが気になる。

って事で、前回ちょっとだけ相談していた、近所の一番近い三菱系のお店で受け渡しをして貰う事にした。時間は仕事が終わってからだから、早くて午後の6時頃だろうか。「納車日には有給を取って自宅で出迎える」みたいな事をする人もいるが、そこまで恭しく迎える事でもないだろうし、午後から休めるほど暇でもない。

なんて書いたけど、ここまで来たら1分でも早くご対面したいに決まっている。それに出来ることなら土曜日は朝から何処かへ行きたくなる気分だが、生憎今度の土曜日は朝から晩まで忙しそうなのだ。まあ、今更慌てても仕方あるまい。当初の予定より1週間以上早く納車される事になったし、これから何年も(←本当か?)付き合わなければならない車なんだから、1日ぐらい焦らしてもバチは当たるまい。

しかし新しく車が来るって事は、これで「代車のTB」との生活も終わりって事だ。そうなると、急に寂しい気もするな.............。
c0021694_1255967.jpg

A200EからイキナリTB生活に入った頃は、あれやこれやと不平不満をぶちまけだが、実は最近になって「TBも悪くはないかな?」と思い始めていたのだ.....。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2006-02-17 12:08 | Aクラス(A200Turbo) | Trackback | Comments(2)

.................会場をぐるりと一周した所で、結構な人だかりが見えた。

それが、これ「プジョー 1007」だった。他社の車がシルバーや黒の、ありきたりな色ばかりだったから、このグリーン色の1007は特に目立ったのだと思う。

本当は、今週末にあるプジョーの内見会でも行って見ようかと思っていたのだが、思いがけずに、ここで出会ってしまった為、ドサクサに紛れてじっくり見る事にした。
c0021694_110152.jpg

最初の印象は「思ったよりデカイな」だった。

HPの写真で見た印象は、もっと小さな車に感じていたのだが、実際に生で見ると、開かれたスライドドアやリアハッチの為か、想像以上に大きく見えた。全長3.73mだからAよりは短いが、逆に車高はAより高いから大きく見えるのだと思う。

まずは、助手席に座ってみるかな......。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2006-02-16 11:21 | 代車・試乗車・気になる車 | Trackback | Comments(2)

こんな時に限って、日記ネタが沢山あるのは、どうした事か。

A200Eを手放して以来、書くことが無くて、毎日無理矢理捻りだしていたと言うのに......まあ、また何時そんな事態に陥るかも知れないが、流してしまうのも勿体ないので、一応今日のネタを書いておこう(と独り言)。

実は、例によって先日の連休中にあった「輸入車ショウ」なるものへ行って来た。毎年毎年代わり映えしない地方にありがちな輸入車ショウだが、1年に1回だから、それなりに新しい車との出会いがある。ただメルセデス系は、新しいBクラスをじっくり見てきたばかりだし、SLK200も、ちょっばかり手が届きそうな値段になったけど、たぶん買えない車なので今更見る事もない。

それに間違ってもA200ターボの展示なんてないから、気持ち的には普段行く事のないディーラーで扱っている車に興味が行く。まあ日本で買える車はネットでの情報で大体分かっているのだが、生で見ると印象が違うパターンも多い。その中には次の車の候補(え?もうですか?)と出会えるかも知れないので、期待半分で行ってみる事にした(^^;)。

期間は土日の二日間だけど、行ったのは土曜日の昼間。先週あった三菱系の展示試乗会と全く同じ会場だし、担当セールス氏も今度は2日間ヤナセと合同で駆り出されるので、待っているハズ。

だけど、また朝一番で行くのも「よっぽと暇だな〜」なんて思われるかも知れないので、ちょっと余裕を持ってお昼過ぎに......。いや前日の夕方に担当セールス氏に会ったばかりだから、何だか車ヲタに見られるのも嫌だし(←立派なヲタです)。
c0021694_10375917.jpg

さてさて、会場に入ると例年通りのまあまあな人手で賑わっていた。しかしトヨタ車が路上の半分を占めようかというご時世に、地方の田舎町にも輸入車好きが結構いるもんだ。

傾向としては家族連れや、カップルが多いが、一人で来ているチョイ悪風と言うかファッショナブルで、時計にもこだわりを持っていそうなオジサンも目にとまった。あとは、金ぴかブレスレットとグラサンが似合いそうな太めの人達(^^;)。これは、先週の三菱系とは全く違う層の人達だ。

さて、入り口を入って、ぐるりと一周して見る事にしょう.........。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2006-02-15 10:44 | 代車・試乗車・気になる車 | Trackback | Comments(0)