君の部活は。

せっかくなので、こっちにも書いておこう。

1年前に上映された当初から、おっさん世代を彷彿させるシーンがあるとの噂の「君の名は。」は一度確認しておこうと思っていた。かと言って、映画館まで見に行くのが面倒で....ってダラダラしている内に上映終了。そして、やっとレンタルが始まったのだ。


c0021694_08454297.jpg



丁度、会員の更新月にも当たっていたので近所のツタヤまで行ってみたのだが、レンタル開始早々の棚はもぬけの殻。

全て出払っていると思ったら、1本だけ残っていた。これを逃したら何時になるかもと思い、速レジまで....。


続きを読んでみる?
by pingo21 | 2017-08-09 12:18 | BOOKS・MOVIE・ART | Trackback | Comments(0)

「え? 今頃?」なんて思われそうだが当地では先週末より、やっと封切りとなった。

全国的に上演された2月頃は予定すら無かったので、何時かレンタルが出れ見てみるかな〜と思っていた。ところが今頃になって封切りとは。しかも郊外にあるシネマコンプレックスではなく街中のミニシアター的な映画館だった。

c0021694_101145.jpg

配給元が東宝系という事もありイオンシネマばかりの市内では、ここしかない。チケット代とは別に駐車料金が必要となるのが痛いが、それも仕方ない事。普段はWindowsばかり使っているのに、やっぱり隠れ信者だったなと悟った封切り初日。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2016-04-06 12:21 | BOOKS・MOVIE・ART | Trackback | Comments(5)

でーれーガールズ

いわゆる「ご当地映画」って事になるのだろうか。

題名は「でーれーガールズ」という昨年上映された映画。地元テレビ局・新聞社とタイアップという事で公開前から色々とニュースが流れていたが、舞台が80年代の岡山という事で、ちょっとだけ興味があった。

c0021694_16594980.jpg

で、先週の土曜日だったか別の映画を借りに来て、ふとこの事を思い出し、ついでに借りてしまった。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2016-03-04 12:18 | BOOKS・MOVIE・ART | Trackback | Comments(6)

A200

きっかけはSONG TO SOUL「男と女」を見た事から始まる。

大して興味なかったけれど、他に見るものもないので触りだけ見ていたら結局最後まで見てしまった。映画自体は大昔に金曜ロードショーか何かで見た記憶があるが内容までは覚えていなかった。それが数年前だったかBSで見たら意外とイケていたのを思い出し、ちょっと調べてみると「男と女 II 」が存在する事を知った。あのオリジナルの20年後が描かれているらしい。これは一度最初っから続けて見てみなければ.....と近所のツタヤまで。

c0021694_16542095.jpg

こんな時こそApple TVでレンタルと思ったが、何故かオリジナルはなし。しかも男と女 IIのレンタル代金は300円。まあ、ツタヤまでの行き帰りを考えれば高くはないが、休日だったし旧作は100円なので、オリジナルの特別版と男と女 II をレンタルしてみた。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2015-11-27 12:32 | BOOKS・MOVIE・ART | Trackback | Comments(2)

万策尽きた

基本、サブカル物は大好きだがアニメには疎い。

元々原作自体読まないので積極的に見ることは無かったが、PodcastでRebuildのmiyagawa氏がSHIROBAKOが良いと言っていたのに興味を持ち、試しに見てみた.....。

c0021694_10431938.jpg

正直「アニメなんて」と見下していた部分もある。中にはリアリティを追求した作画を見て感心した作品もあるが、テレビ放映されている物に期待感はなかった。

ところが、どっこい。これは( ・∀・)イイ!!

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2015-04-10 12:16 | BOOKS・MOVIE・ART | Trackback | Comments(10)

見る前から賛否両論。

いや不評の方が多いのか。それでもこの映画を見る気になった理由は、彼に関する書籍で得た知識を補完する意味が大きい。娯楽映画の出来としては今イチかも知れないが「バトルオブシリコンバレー」以来、この種の物語に飢えていたから、どんな新しい発見があるか興味津々だった。

c0021694_1514015.jpg

ひょっとしたら映画館で映画を見に行くのは、明日地上波で放映される「ソーシャル・ネットワーク」以来の事か? いや初3Dの何とかか? ぐらい久しぶりの事。家からはレンタル屋より近いし行こうと思えば何時でも行けるのに、なかなか映画館に行く気になれない。

たぶん何本か残念な映画に当たってしまい1800円が高く感じたから気が引けているのだ。でも封切りの11/1日は映画の日で1Kポッキリだ。外れても、これなら納得かと思ったら金曜日の夜は予定が入っていた。翌日のレイトショーも、これまた用事がありで間に合うかどうか、ん〜どうしょう....。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2013-11-05 12:08 | BOOKS・MOVIE・ART | Trackback | Comments(5)

じこまん

晴れた日の休日は、マンガ本を買いに観覧車のある本屋へ。

c0021694_16244880.jpg

「じこまん」は、玉井 雪雄氏の描いた私的な「自転車あるある」マンガらしい。

平たく言うと【実録】突如自転車に目覚めた漫画家と愉快な仲間たちの物語かな?

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2013-02-14 12:11 | BOOKS・MOVIE・ART | Trackback | Comments(3)

追い風ライダー

自転車で長距離を走るきっかけを作ってくれた「自転車で遠くに行きたい」の著者であり、ポタ時には何時も着ているPedal Far!のジャージやステッカーで、お世話になっている米津さんの新刊が出た。

前2作(4作?)とは異なり、タイトルは「追い風ライダー」という自転車小説らしい。
c0021694_882228.jpg

これは面白そうだと思い、アマゾンで確認すると即刻売り切れ。そんなに売れているのか、元々入荷数が少ないのか。地元の本屋で検索すると1冊だけ在庫ありだったので、仕事終わりに寄ってみた....。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2012-11-20 12:18 | BOOKS・MOVIE・ART | Trackback | Comments(0)

ちょっと前から気になっていた、地元美術館で開催中の「ウルトラマン・アート」展。

当初はショッピングセンターでやってそうなウルトラマンショーの延長線かと思っていたら、大人にも人気で入場者数も1万人を突破した....みたいな事をローカルニュースで見たばかりだ。10/28日までなので、これを逃したら将来見る事もなそうなので行ってみた。

c0021694_1612028.jpg

この美術館へ来たのは植田正治写真展以来の事。

以前は地下の駐車場しか利用価値がないと思っていたが、昨年は「手塚治虫展」なんかもやって、我々凡人にも敷居が低くなってきたのを感じる。一応全国巡回物らしいが、これからもサブカル的なものは大いにやって欲しいと思う。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2012-10-26 12:31 | BOOKS・MOVIE・ART | Trackback | Comments(5)

バブルな頃

先々週の土曜日だったか、たまたまBSで「私をスキーに連れてって」を見た。ちょっと見るつもりが懐かしくて最後まで。

そして昨日は録画したものを消そうと思いつつも、もう一度見てしまった。確か最初は映画館で見た記憶があるけれど、その後テレビでもやったっけ。ノー天気な日本映画としては、一番好きかも。ホイチョイは、これでメジャーになったれど、それ以前の「見栄講座」も愛読書であった。

未だに、VWゴルフに乗らないのは、この本の影響かな。いや、あれはベスパだったっけ?

c0021694_17172993.jpg

実家の倉敷に住んでいた頃、スキーと言えば大山だった。

しかし80年代初めの頃はスキー場の数もリフトも少なくて、3分滑って30~40分待ちが当たり前。ところが「志賀高原」へ行くと、リフトは沢山あって直ぐに乗れるしコースも広くて長くて、地元のスキー場と比べると雲泥の差だった。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2012-02-07 12:10 | BOOKS・MOVIE・ART | Trackback | Comments(9)