カテゴリ:気になる車・試乗車・代車( 331 )

3月に「207GT」を試乗して以来、プジョーから毎月のようにDMが届くようになった。

以前、ここがシトロエンを併売していた頃も一度試乗をした事があるが、その後のDMは一通も届かなかった。結構その気になっていたし、シトロエン撤退のお知らせも来なかったのは残念だった。それに比べプジョーの対応が良いのは、脈あり客と思われているのカモ。

そして先週末もDMが届いた......。
c0021694_901594.jpg

見れば「207CC」の案内状だった。基本的にセダンタイプのオープンカーは好きではないが、206CCが「206♡(ラブ)」と呼ばれていた頃から、ハッチバックで、このサイズのメタルルーフのオープンカーには興味があったのだ。

ただ実質2シーター車と言う事と屋根を閉めた時のスタイルが今ひとつだったので、A160の次の候補には成り得なかった(207のアナウンスもあったし)。そして今回が207CC。日本導入が意外と早かったが、既にネット上で、その姿を見ていた。だが、DMの写真を見ると屋根を閉めても意外とカッコイイと思った。

実質2シーター車は候補には外れるが、革シートの内装の具合は207Cieloと同等なので、そちらの雰囲気も知りたい。って事で行ってみる事にしたのだ..........。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-07-02 23:37 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(4)

てな訳で、やっと「C4ピカソ」との御対面となった。

そこでイキナリ「試乗をどうぞ」と言われても、何がどうやらサッパリ分からないので、とりあえず乗る前に色々と観察してみた。
c0021694_18151846.jpg
〜 これってピカソの直筆サイン? 〜

事前の予想では「横幅が1830mm」あるという概念が先に立ち「幅広い車」を想像していたけど、長さも4.6m近くある事から、想像よりはスリムに見えた。

ま、見えただけだけど.......。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-06-26 18:18 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(2)

それは、先週の金曜日の夜の事だった。

夕食を終えて、まったりしていると突然電話が鳴り、妻が出ると「車屋さんからよ」と、少々不機嫌な顔で保留にした。「ん? 何処からだ?」今週末となると207CCか、新しいCクラスの内見会か......と思って電話に出ると。

「シトロエン徳島です」と挨拶を受けた。

実は、何時だったか「C4ピカソのカタログ」をネットから請求していたのだが、その展示会が週末にあるらしい。フェアの招待状も一緒に送られてきていた為に、その事は知っていたがイキナリ電話が来るとは。ただ、試乗車があるらしく是非との事だった。でも遠方故に、たぶんカタログ請求だけで来ないだろうと思っていたに違いない。

でも、試乗車があるなら行きますよ。ええ、無くても行く予定だったから。
c0021694_10382737.jpg

当地で正規シトロエン販売店が無くなってから、随分経つ。その間「クサラ・ピカソ」のカタログ請求したら愛媛のシトロエン販売店から送られて来ていた。だが、愛媛では遠すぎる。現実的には橋を渡って岡山の販売店の方が、ずっと近いが、岡山からは売らないと言う大人の事情があるらしい。

だから、輸入車フェアでもシトロエンの現車は見る事が出来ず、随分寂しい思いをしていたのだ。それが1年ぐらい前だったか、徳島に正規販売店が出来て、やっと見に行かれる距離にはなっていた。以来、一度行って見たいと思っていたから、今回のお誘いは嬉しかったし、今一番興味のある車「C4ピカソ」に乗れるとなると行かないワケにはイカナイ。

ただ、電話の後に妻から「また車を買うんじゃないでしょね!」と釘を刺された。恐らく、わざわざ電話が掛かってくる事は既に話が進んでいると思ったのかも知れない。

まあ、今回は挨拶程度のディーラー訪問だが、ピカソの出来次第では、ひょっとして、ひょっとするカモ?

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-06-25 11:22 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(9)

先日、近所のスーパーへ買い物に行って駐車場に戻ってくると、助手席側の窓から何処かで見たことのある車が止まっている事に気がついた。

チラッと見えたAピラーの付け根にある、黒くて角張ったヒンジのカバーを見てすぐに分かった。それは、ずーっと、ずーっと昔に乗っていた「FIAT PANDA」だった。

しかも、私が乗っていたのと同じ色「赤パンダのWサンルーフ」だと思い、ちょっと記念に写真を撮らせてもらった。だが、よーく見ると色が違うような。こんな小豆色っぽい赤じゃなくて、ちょっとオレンジっぽい赤だったと思う。

まあ、80年代のイタ車にありがちな経年的退色で随分と色が剥げてしまったから、そう思ったのかも知れない。
c0021694_1024461.jpg

エクステリアは微妙に変わってしまったけど、20年以上前に作られていた割には、オリジナルデザインから、ほとんど変更がなかった。多少の変更は、あってもそれはグレードの違いの方が大きいと思うが、このパンダは「Selecat(富士重工製ECTV)」のエンブレムがあるので、90年代以降の車なんだと思う。

ただ私が乗っていた「Panda 45」はフロントグリルが非対称であり、車の下半分が黒一色だった。つまり、この車みたいに太いサイドプロテクター様ではなかったのだ。

実は、その事こそパンダの証だった....。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-06-01 10:41 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(7)

本当は2回で済ましたかったのにダラダラ書いていたら3回目に突入。

まあ、それだけ私にとっては興味ある車の一つと言う事で、じっくり見た証拠だと思う。さて、試乗の続きだけど、信号で止まる度に気が付いたが、今現在の「207の注目度」は結構高い。試乗中にも407やMINIのお兄さん達から熱い視線を感じた。

まあ色が色だけに目立っているのだと思うが、A160の時にあれだけ視線を感じたAクラスもW169になったら、誰も感心を示さないのとは、えらい違いようだ。

ただ206ユーザーが、そのまま207に移行しない気もする。確かに正常進化に思えるが、大きくなり装備も豪華になったけど、それだけ値段も高くなった(これはユーロ高の影響もある)。下手をすれば307並みだ。だから207が307の縮小版と言われているのも分かる気がする。

最初に書いた「日本車みたい」って表現はライフスタイルカーと呼ばれる趣味車ユーザーとしては相対する車になる。元々輸入車のエントリークラスだった206だから、207の位置を考えれば、他車に流れるか307へのステップアップを考えるかも知れない。
c0021694_17271329.jpg

この辺り、206→207への移行はW168→W169の移行の場合と、車もユーザー心理も良く似ていると思った。

さて、セールス氏の案内したコースは思ったより長かったのでMT操作に慣れてくると色々と分かってきた事もある。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-03-28 16:48 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(3)

........てなワケで、その場の雰囲気から「プジョーGT」へ試乗する事になってしまった。

「いや、今日は見に来ただけですから(^^;)」と断っても良かったけど、せっかくここまで話が進んだから、何だか乗らないわけには行かない雰囲気。しかしこれは「MT車」だ。

MT車に乗れないこともないが、もう随分前から乗っていない。下手したら10年、いやもっと乗っていないかも知れない。

最初にAT車に乗り換えたのはパンダから乗り換えた「シビック(EF)Si」だったと思う。以来一度もMTに戻る事もなく、たまに友人のMT車に乗っていたけど、MTの操作は体が覚えていると思う。思うけど.......と迷ったが、そこはもう突撃レポートするしかない。

「あ、じゃ、乗ってみようかな〜」と言うと、承諾書みたいな物を書くために再びショールームへ。以前ここでC3の試乗をした時「誓約書」みたいな物を書かされたけど、今回は普通のアンケート用紙だった。

少し待つと「お車のご用意が出来ました」と言って先ほどの207の所へ。既にエンジンは駆かっており、後は発車するだけ.........。
c0021694_1635716.jpg
〜 デッカくなっちゃった〜! みたいなライオンマーク 〜

と思ったら尽かさずセールス氏も助手席へ。C3の時は勝手に乗らせてもらえたので、今回も何処かへ行って写真を取り直そうとしていただけに残念。しかもMT車の下手な運転をジッと見られるようで、ちょっと嫌だな(^^;)。

いや、それにしても緊張するぞ。えーっとまずクラッチを踏んで、ギアを1速に入れるんだったな..........とまるで教習所のような雰囲気になってしまった。

「では先生、出発します(汗)」、はいどうぞ........みたいな。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-03-27 16:32 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(1)

先日やっとの事で「プジョー207」の販売が開始された。

前モデル(一部現行)の206が出たのは99年の事で、私のA160が納車された頃だったから、もう随分昔の事だ。それが今頃までフルモデルチェンジされなかったのは、売れすぎた206の後続車だからだったかも知れない。ただ、206はその後のデリエーションも多く、その度に気になる車の一つだった。

しかし206最大の欠点は、その売れすぎた事。輸入車界のフィットと呼ばれるぐらい、そこら中で走っており、段々と新鮮味がなくなって来たのも事実。レア度を競う古いフランス車の集まりでは「206は、もう要らない」と影で囁かれるぐらい仏車をメジャー化した車だ。

そこで満を持しての「207」の登場である。これは一度チェックしておく必要があるただろう。でも朝から雨が降っており、地震の報道ばかりで何となく乗らない。

でも、ネタもそろそろ尽きて来た頃なので、これは冷やかし探検隊の出動だと感じたのだ.......。
c0021694_9423756.jpg

冷やかしと書いたけど、半分は本気。当面の試乗はフィットの買い換えが目的だけど、ひょっとしてひょっとしたら、ひょっとするかも(いや、たぶんそれはないか)。

しかし生憎の雨が気分的に嫌だな.......。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-03-26 16:08 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(4)

..........昨日の続き。

車検に出した「Fit」の代車は「Fit」だった(^^;)。まあ、Aの代車がAだったりするワケで、同じ車でも特別問題はない。それより、タバコ臭いライフとか、やたら五月蠅い2代前のシビックに比べれば御の字か。
c0021694_18214782.jpg

色はブラックだけど、内外装は結構綺麗だった。だから結構新しいFitか?

と思ったら「一番新しいFitですから乗り比べてください」と。一番最初に出た我が家のFit(GD1)に比べて、どのぐらい変わったのか興味津々だった。

そこで、とりあえず総走行距離を確認すると.........。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-03-09 12:20 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(3)

地元であった「輸入車ショー」の続きの話し.......を、今回も好き勝手に書いてます。これも個人の独断と偏見と無知さから言える話しとして、お聞き流し下さいm(_ _)m

今や輸入車として最強のブランドとなったBMWだけど、今更黒い3や5シリーズ見ても、排気量別金太郎飴車みたいで面白くとも何とも感じない。

でも最近になって、ようやくあのフロントマスクに慣れて「ちょっとカッコイイかな?」とも思って来ているし、そりゃ車としてはピカイチなのは分かっている。だけど、どうも食指は動かないのは一昔前のメルセデスやトヨタ車と同じ感覚なのかも知れない。

そう思って会場を歩いていたら、その後ろ姿に「おぉー!」と引きずられるように見入ってしまった車があった.....。
c0021694_1544336.jpg

そして、窓越しに車内を見て、思わず「あ、いいな〜コレ!」と思ってしまった車。

それは........。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-02-19 12:40 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(2)

本当は火曜日に書く予定だったネタから。

あれは、1月のフェアの時だったかな。担当セールス氏から「来月は輸入車ショーもありますから是非」と言われていた。ただ、特別に見たい車がある訳ではないし、行けるかどうかも分からなかった。

しかもセールス氏曰く、先日その輸入車ショーの為の事前会議があったらしいが、どのディーラーも「今年は目玉がないね」だったらしいのだ。まあ、例年通りの志向らしいから別に行って行かなくても良いと思っていた。

ところが、その間に「K10D」を入手してしまった。これで車を見に行くというより、車の写真を撮りにくい(試し撮り)という立派な目的が出来てしまったワケ。

とは言うものの、同日大阪で行われていた「オートメッセ」とは違いカメラ小僧なんて、たぶんいない。いや、これまでの経験からコンデジ程度はあったとしても、デジイチで写していた人なんて見たことがなかった。そう思うと何かいかにも、お姉さん目当てのヲタク風であり、デジイチは止めておこうかと思ったが、ショールーム以外で、まとめて写真を撮れる機会も滅多にないのだ。

そんなワケで、とりあえず先日買ったカメラケースにK10Dを忍ばせて、会場に入ってみた。

すると、先月同会場であった三菱車の商談会とは、えらい違いようで何となく静か。だから「○○車、ご成約〜 ドンドン!」なんて太鼓の音なぞは聞こえて来ず、代わりにジャズの軽やかな演奏が聞こえてきたではないか......。
c0021694_949659.jpg
〜 JAZZの演奏に聴き入る父と子供 〜

いや、ジャズというよりボサノバ風の、何とも心地よい音が流れている。

この辺り、ちょっと「国産車の大商談会」的な催し物に比べ、ゆっくり車を眺められるので良い。とは言っても、ここでカメラを出してバシャバシャ撮る勇気もなく、ざっと会場を回った後に、やっと1枚だけ隠れるようにして撮ってみた(^^;)。

が、しかし1枚撮るのも100枚撮るのも同じ事。えーい、こうなったら恥も外聞もないとばかりに撮り始めた.......。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2007-02-16 09:50 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(7)