2005年 11月 29日 ( 1 )

さてさて、A200Tの話しのつづき...........。

先々週の「A170 AVANTGARDE LIMITED」のフェアの時に最終的な結論は出さなかった。つまり「じゃ、そちらで買います!」とは、一言も言ってはいないのだ。

ただ、代車とかETCの移設とか、かなり踏み込んだ話しをしてしまったから、向こうも当然「ほぼ決まりだな」と踏んでいるに違いない。しかし最後の最後でヤナセがどう出て来るか「もしヤナセに決まっても恨まないでね」とMB店へは、それなりに牽制も仕掛けて置いた。

しかし3月納車に間に合わすには、たぶん12月の2日の締め切りまでには決める必要がある。だから、のんびりとは、していられなかったのだ。

だが、最後の追い上げを期待していたヤナセからは結局、何も連絡が来なかった。実は、先のフェアの案内状さえ送って来なかったのだ。例の下取り額の件を聞いて自ら降りたのかも知れないが、他店での買い取りや代理オークションの話しもしていたので、まだ続きがあると期待していただけに残念だった。

ただ、今回もヤナセから買う事を決めたとしても、買う時だけ「いらっしゃ〜い」と歓迎しておきながら、買った途端に何の連絡も来ないとなると、また寂しい。貧乏人消費者として「1円でも安く買いたい」という気持ちもあるが、秋葉原の裏路地にあったバッタ屋みたいに「安ければ無愛想でもいい」な、ものでもない。

多少の差なら「売ってあげてもいいよ」みたいな売り主が主導権を持った態度より、庶民にとって車というのは「実用+夢」のある商品だから、多少高くても「気持ちよく買いたい」のだ。

たぶん、これはディーラーの差と言うより、セールス氏自身の違いなんだと思う。勿論、それには社員教育とかディーラーの考え方も関与するだろうが、今まで接した国・輸入車の営業氏達を見ていると「まず人にありき」だと感じた。
c0021694_121818.jpg
〜 月とアンテナ 〜

よって心情的にはMB店で買いたい気持ちに傾いた。ただ最後の一声が欲しくて「切りのいい数字でお願いします」と言っておいたら、木曜日のお昼に電話がかかってきた.............。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2005-11-29 12:22 | Aクラス(A200Turbo) | Trackback | Comments(4)