2005年 11月 18日 ( 1 )

A200T 3杯目のコーヒー

さてさて、ヤボ仕事に行く水曜日がやって来た(日記にしては、ちょっと時差があるな(^◇^;)。

その日は午後からMB店付近での仕事をこなし、予定より早く終わったので夕方の6時前には速攻でMB店に向かった。しかし、この時間帯になると既に真っ暗で、車も多い。しかも入り口が反対方向だったので、2車線道路を途中でUターンするハメに(1回で回れなかったょ(>_<)。

やっと辿り着いたMB店だが、店内には客はいない様子だが、ピットの方には車が3台並んで作業中であった。

とりあえず、ショールーム内に入ると受付の影で「ハイハイ」と言って誰か電話をしている。中に入ると、受付のお姉さんらしき人がいたので「○○さんおられますか?」と聞けば、先ほど電話中だったのは、そのセールス氏であった。

「なーんだ、そこにいたのか」と思ったと同時に、この人電話係か?とも思った。他に客も居なければ営業氏達の姿も見えない。時々ショールーム内を人が通り過ぎるが、仕事が終わって退社して行く感じだ。

まあ平日のディーラーなんてこんなもんかな(´ー`)y-~~

と思いながら椅子に座って待っていると、先ほどのお姉さんがコーヒーを運んできた。それを見て「ゲゲゲ(υ´ Д`)!」と思ったのだ。と言うのも午後から既にコーヒー2杯に紅茶を1杯ほど飲んできたばかりだから、もうお腹はタポタポの状態。

だから、ここでは日本茶か何かあっさりした物が飲みたいと思っていたのに有無を言わさずコーヒーだった(*´o`)
c0021694_10595551.jpg

どうも、ここはコーヒー以外の選択肢は無さそうだ。

ホンダのプリモ店でさえ色々メニューがあるので、ヤナセ並とまでは行かなくても、もう少し選べるようにしてもらいたい。と贅沢を言うより「お茶代分でも安くA200Tに買い換えられれば」それはそれで文句はないのだが(^◇^;)

なんて、最初っから思いっきり話しがズレたが、そのコーヒーを飲み終わった所で担当のセールス氏がやって来た.......。

続きを読んでみる?
by pingo21 | 2005-11-18 11:03 | Aクラス(A200Turbo) | Trackback | Comments(4)