2008 岡山輸入車フェア 〜 その2 〜

........昨日の続き。

さて、ぐるりと会場内を見て行ったらビビッドなオレンジ色の車を発見。そのドアガラスに「今秋発売予定」と張り紙がしてあったのを見つけた。

「あれ?この車は何だろう」と前に回って見てみると......。
c0021694_16324821.jpg

それは「ルノー トゥインゴ」だった。

「あぁ新しいトゥインゴか」と思ったと同時に日本で発売する事を初めて知った(既に右ハンドル車)。先の「FIAT 500」ばかりに気を取られていて「小さいのが好き党」としては全く死角だったのだ。

ただ新しいトゥインゴの写真を見た時は「な〜んか日本車みたい」と思った様に、先代のトゥインゴが出た時のような仏車独特の香りが少ない。でもフロントマスクを見れば写真で見るより結構良いかも。

で全景を撮ろうと後ろに寄ったら.......。





人が多くて、なかなか上手く撮れない。

実は今回持ち込んだカメラは「K10Dに50mmのF1.7とGRD2」の2台体勢。前回の地元輸入車フェアで50mmが結構綺麗に写っていたので明るい単焦点を選んだけれど、50mmはやはり長かった。だから車の全景を撮ろうとすると後ろにかなり下がらないとイケナイので、その前を沢山の人が横切っていくのだ。

ここは、それ程人だかりがあったワケではなかったけれど、後ろの出入り口に接していた為かなかなか良い写真が撮れなかった。ならば後からGRDでと思っていたのに、その後すっかり撮るのを忘れてしまったのだ。
c0021694_17105190.jpg

でも、まあこんな感じの車。

サイズは3.6mとW168とほぼ同じだけれど、背が低い分小さく感じる。ルーフを見るとサンルーフ車のようだ(これはポイント高い)。横から見ると「何処の国産車?」と思えるシルエットだが、どことなくC2にも似てたりお尻の辺りかルノーしてたりする。でも先代と比べると、やっぱりインバクトは少ないな〜。

ドアを開けて中を確認しょうとしたらロックされており横に居たディーラーの人から「発売前ですので」と言われてしまった。窓越しに見ると、ルノーっぽい内装だけれど「トヨタより早かったセンターメーター」も健在だ。

しかもタコメーターだけハンドルの上に乗っかってたりするのは面白い(これはGTのみか?)。ちなみに値段を聞いてみたら「200万円以下ぐらいで」と聞いたけれど、これはGT(1.2Lターボ)ではなくベーシックな1.2Lの事かも知れない。頑張ればもっと安く出せるだろうけれど、初代の頃とはレートが違うかな。
c0021694_16521742.jpg

今でも初代トゥインゴには根強いファンが多い。

価格が安かった為もあり、日本発売開始当時は少し引かれるものがあったけれど、故障続きのパンダから、やっと脱した時もあり輸入車を一番敬遠していた頃だった。

しかしこの車もパンダと似ていて別に同名を名乗らなくても良かったのではないかと思えるぐらいな変貌ぶりだ。現行パンダも最初は「ジンゴ(GINGO)」の名前で出す予定だったけれど発音が「トゥインゴ」に似ている事からパンダになったとか。これも何かの因縁か。

と思いながら次の車へ......。
c0021694_16544143.jpg

あ、いやいや他にも気を引く車はありましたよ。

こんなんとか
c0021694_1655963.jpg

こんなのとか....値段見ていると300万円の車が凄く安く感じてくる(笑
c0021694_16545484.jpg

でもね、大きな車には何故か全く食指動かず。

そりゃ、お金だせば大きくて大排気量で凄く走る車は買えるけれど、なんかそればっかりで限りがない。それより小さくても日本車にはないオリジナリティがある輸入車の方が面白いと思っているけれど、これも半分負け惜しみか。
c0021694_17111758.jpg

岡山にはシトロエンデーラーがあって良いと思っていたら、年初の頃からの噂通りシトロエンとプジョーが統合されるらしい。

本国では元々PSAでやっているから、これもありか。4月からは「プジョー・シトロエンジャポン」になるらしいけれど、販売網は今まで通りかな。

来年は香川輸入車ショウ......だよね?
トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/8322269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by pingo21 | 2008-02-27 12:12 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(0)