冷やかし探検隊が行く 〜 で、どうよ? プジョー207 〜

本当は2回で済ましたかったのにダラダラ書いていたら3回目に突入。

まあ、それだけ私にとっては興味ある車の一つと言う事で、じっくり見た証拠だと思う。さて、試乗の続きだけど、信号で止まる度に気が付いたが、今現在の「207の注目度」は結構高い。試乗中にも407やMINIのお兄さん達から熱い視線を感じた。

まあ色が色だけに目立っているのだと思うが、A160の時にあれだけ視線を感じたAクラスもW169になったら、誰も感心を示さないのとは、えらい違いようだ。

ただ206ユーザーが、そのまま207に移行しない気もする。確かに正常進化に思えるが、大きくなり装備も豪華になったけど、それだけ値段も高くなった(これはユーロ高の影響もある)。下手をすれば307並みだ。だから207が307の縮小版と言われているのも分かる気がする。

最初に書いた「日本車みたい」って表現はライフスタイルカーと呼ばれる趣味車ユーザーとしては相対する車になる。元々輸入車のエントリークラスだった206だから、207の位置を考えれば、他車に流れるか307へのステップアップを考えるかも知れない。
c0021694_17271329.jpg

この辺り、206→207への移行はW168→W169の移行の場合と、車もユーザー心理も良く似ていると思った。

さて、セールス氏の案内したコースは思ったより長かったのでMT操作に慣れてくると色々と分かってきた事もある。





車内音はA200T乗りから言えば普通だと思った。だから、そこそこに静かな方だと思うが、回せばそれなりに良いエンジン音は聞こえる。206ユーザーからは「静かになった」との意見は多い。

この車はターボ車だけど、A200T以上に「ターボ入りま〜す」なんて継ぎ目の感触は全く感じない。

それもそのハズ僅か1400回転からターボが効くらしいので、アイドリング以外だとほとんどターボ領域で走っているみたいなもんだ。A200Tに限らず、これも昔の「どっかんターボ」の時代とは違う、今時のターボの使い方なんだと思った。

よって走りは全領域でトルクフル。広い道に出たら前方が空いていたので一気に5速まで入れて走ったら「お〜、爽快、爽快」、ほんと良く走る。ただ、こんな加速を得られるのは極短い距離で、市街地だと再びチマチマとシフト操作をする事になる。だから5速に入れて颯爽と走れるのは高速走行ぐらいか。

しかし、ターボ常用みたいだと燃費の方が気になる。その事をセールス氏に尋ねると、明快な答えは得られず。一応1600ccのMTだからそんなに悪くはないと思うが、カタログ値では「12.6km/L」と普通の数字。この上にも「GTi」が待機しているなら、いっそのことGTは1400ccのターボに落としても良かったような気もするが、ベースグレードの排気量以下のGTでは購買意欲は湧かないのかも。ただTSIの成功を見れば、小排気量・高出力のトレンドが来るかも知れない。

噂では1年遅れでベーシックな1400ccが出るとか出ないとか。まあそれまでにCCやGTiもあるし、当分207ネタは尽きない。さて、そんな未来の話より、試乗の続きだ.....。

しかし、このセールス氏は良く喋る。

いや、それが仕事か。こっちも、ある事ない事話をするが、MT操作に気を取られながら色々喋るもんだから、何を話したかあまり覚えていない(^^;)。そうそう、信号待ちの時に説明してくれたのがコレ。
c0021694_17295453.jpg

マルチファンクションディスプレスの方ではなくて、その下の丸い所。そこには流行の「パフューム」がセットされる。これにより車内に香りが広がるなんて「車内のアロマテラピーや〜!」と叫んでしまいそうな装備だが、使うのは最初だけか?

機能も結構充実している。

左右独立オートエアコンにオートヘッドランプ。オートワイパーにバックソナーと、国産車に負けないぐらいの楽チン装備満載だ。ただステアリングリモコンが無く、ライトもコーナリングランプはあるもののHIDではないようだ。でも、この辺りは後出しで出てきそうな気もする。
c0021694_17315651.jpg

しかしエアコンのデザインはイマイチだな。まあ機能すればそれに越したことはないけれど。で、目に止まったのが、エアコンの下にあるコレ。

一見FD....じゃないよな(^^;)。

これは「ETC装備か!」と思った.......ら?
c0021694_1730259.jpg

ただのカード入れとか。

カードって何の?と尋ねたら普通のカードを仕舞うだけの所らしい。しかも小さいカードだと奥に入ったまま抜けないこともあり注意が必要だとか。「何、それ?」と思ったが、ここは絶対にETCを入れ込むに適しているから、どこぞのメーカーからこれを利用したキットが出てきそうでもある。

そんな こんなで慣れないMT操作のせいか試乗の時間は結構長く感じた。

総じて言えば良くできた車だと思う。よく言われる「ドイツ車的フランス車」な方向だと思う。カチッとしてて、トルクフル。だから206ユーザーからの移行より新しいユーザー層が生まれる気もする。

いや売れてくれなければBLも泣くだろう。一時の206特需で賑わった地方のBL店では閉店もあるようで、売る側としてみれば「夢よ再び」の期待は高いと思う。

で、私的感想は、現時点で一番欲しい車になってしまった。ただGTはMTだし150psも要らない気もする。となると5月発売のAT、しかも内装豪華な「207 Cielo」辺りがねらい目か。どうせなら革シートにでもしたいが、それだと「279万円」と結構なお値段となるからフィットの後続車としては、ちょっと高いかな。

この辺りを考えるなら「ルーテシア」もチェックしておく必要もある。となると仏車一気乗りだな......こりゃちょっと「冷やかし探検隊」じゃなくなって来たぞ。なんて考えながら帰ったが、昼食を食べて昼寝をしたら出掛ける気がなくなった。

が、その翌日の夜、電話が鳴った..........この話、何時かにつづきそう(謎)。
トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/5790315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まこやん at 2007-03-28 19:01 x
今日の夕方
中銀から出てきたSSB発見しましたよ。
渋滞で止っていた私の横にpingoさんも止っていたのに気が付いてくれませんでした(ToT)/~~~
足回り落ち着いたのか、フェンダーの隙間がなかったような気がしましたよ。

スズキがプジョーを販売してた頃本気で205を買おうと思いましたが、気の優柔不断の私はまわりの人の意見を素直に聞いて辞退させて頂きました。
Commented by pingo21 at 2007-03-29 12:20
すみません、急いでいたので全く気がつきませんでした(笑
Commented by まこやん at 2007-03-29 12:43 x
自称アラバスターホワイトに黒フィルムのハイエースだから仕方ないですね(笑)
しっかし、よく目撃しますねぇ〜岡山でも女性のSSBを二回目撃しました。
by pingo21 | 2007-03-28 16:48 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(3)