冷やかし探検隊が行く 〜 付け焼き刃? 〜

え〜っと、今年最初の「冷やかし探検隊が行く」です。

ただ、フィットも3月で2回目の車検を迎えるとなると、そろそろ本気で次を考えようかと思う。となると、あながち「冷やかし」とも言えないが「あんたの趣味じゃ、そりゃないよ」って車も出てくるかも知れない。だけど、こう見えても結構ストラインゾーンは広いから、ひょっとしたらひょっとするカモ。

でも本当に、その気もないのにディーラーへ行って、ただコーヒーをご馳走になるのは心苦しい。よって、例え可能性の1%でもあるように、一応「フィットの買い換え」または「A200T→妻用」「ムフフ→σ(^.^)」って構図もあり得ない事もない、と言う気持ちで挑もうと思う。でも、意外とミイラ取りがミイラになってしまったりして。

で、最初に「旬のネタ的には、これかな?」と思ったのは......。
c0021694_111386.jpg

そう、今まで一度も乗った事(買った事)のない「トヨタ車」だった。でも、父親がずっとトヨタ車党だったから、人生の半分近くはトヨタ車に乗っていた事になるのかも知れない。

さて、その車とは........もうお解りですね(^^;)。




 
毎朝の通勤路で見ていたこれだった......。
c0021694_1124246.jpg

行ったの先日の連休の日。

もうCMで陽水の歌がガンガン流れているので、このドサクサに紛れて見に行くに限ると思った。そこで、通勤路にある家から一番近いトヨタ店に行へ。

それ程大きな店舗ではないが、ここは以前A160を買う時に「初代プリウス」の見積もりを貰いに行った店だ。その時の印象は、あまり良く無かったし正式な見積もりも貰えなかった。だから、ちょっとは躊躇したが、まあサラッと見ておくには近いので良いと思ったのだ。

ちなみに、HPの方の「長い道のり」でも書いたように、当時のA160購入者の競合した車として、2位に初代プリウスが入っていたのは興味深い話しだ(ちなみに1位はゴルフ4)。

さて、表ではなく裏の駐車場に車を止めて、サービス工場の中を通って入り口の扉を開けると、全面ガラス張りの明るいショールームに出た。「うぁ、明るい〜」と思ったら、横の受付から「いらっしゃいませ」の若いお兄さんとお姉さんの声。

以前来た時は「ダチョウクラブの上島似のオヤジ」だったけど、ショールームも新しくなり、何だか以前と雰囲気が全然違う。

で、目の前はブラックマイカのブレイドが「で〜ん!」と待ちかまえていた........。
c0021694_1113740.jpg

最初にネットで写真を見た時は「デカイくて長いビッツ」の印象が強かったが、色が黒である為か正面から見ると、凹凸感は目立たず、ビッツではないと思った(当たり前か)。第一印象は想像していたより「意外にイイかな?」だった。

で、横から眺めていると、先ほどの若いお兄さんが「どうぞ乗ってみて下さい」とドアを開けた。座ってみると、結構ホールド感のあるシート。車体は標準仕様のタイプでシートはファブリックだったが、もう一つのGグレードには革&定番のアルカンターラだ。まあ、その位は良いとしてもコンソールボックスの蓋やメーターフードがスェード調というのは、ちょっと厚化粧したオバサンに近い違和感があった(車内の写真を撮り忘れました(>_<))。

もう一つの違和感は隆起したセンタートンネルの上にあるサイドブレーキとシフトノブだろうか。機能的には、丁度良い高さだけど、何かこう邪魔に感じる。いやいや、それは定番から脱却であり、新しい発想で挑もうとしている姿なんだから、今までと違っているからと言って全部否定的な考えではイケナイだろう。それに、もしこれが「新しいSAABの車内です」とか言われたら、妙に納得するカモ知れないし。

後部座席が狭いとか書かれていたけど、私的には十分な広さであり、リクライニングも可能だから「コンパクト=実質2人乗り」というのは、どうもステレオタイプ的発想だと思う。まあ「家族が出来ればミニバンへ」が、普通の考えらしいから、そう思うと、そうかも知れない。ま、A200に家族で乗っている私からすれば「大きいことはイイことだ」なんて考えは未だに否定的なんだけど、それは人それぞれだと思っている。
c0021694_1122869.jpg

外へ出て後ろから眺めると、この車、どうも下にボリュウム感があり、横幅がかなりありそうだ。そう思って尋ねると「車幅は1.76m」と言う。だから現行Aクラスとほとんど変わらない、いや車長を考えるとBクラスなのか(最小回転半径は5.2m)。

でも、コンパクトカーをわざと大きく見せているデザインなような気もする。運転席から見るダッシュボードの広さはWBSでも言っていたように「大きな車に見せたいから」らしい。エンジンにしても頑張って「2.4Lです!」だから、やはり兄弟車のオーリスを背伸びして作りました感が強い。

なので「高級コンパクト」を最初っから狙ったというより、販売戦略上作られた車だと思う。

まあ、大きさは似たり寄ったりだとしても、ある意味、欧州小型車とは対局にある車。ただ、大きさが似ていると言う理由だけで、これをマジメに天秤に掛ける人も多い事から、事実を知りたかった。いや、密かに「トヨタの小型高級車」というのを待ち望んでいたのもあるけど。

レクサスブランドが頭打ち状態ならば、何れはメルセデスのA・BやBMWの1シリーズの様な小型車路線が出てシェアを伸ばすのではないかと思っていた。事実、張社長時代には「ええ、考えてますよ」と言ってた事から「ブレイド」の噂が出たときは「来たか!コレ?」と思った。

だが、実体はレクサス路線とは大違いで、車体を作ったから上っ面を交換して(トヨタ内の)他社で売ってよ、と言うお得意の手口の車に思えた。ただレクサスは年明けに「女性向けの車を出す」事をニュースで読んだので、今はそっちの方に興味がある。

輸入車乗りから見ると「トヨタ車」と先入観から、どうも最初っから否定的に見る傾向にある。これでは客観的な評価は出来ない。そのつもりで見てきたけど「やっぱり、これはないかな」

でも、私みたいなオヤジ向けの車と言うのは応対の仕方で良く分かった。とりあえずカタログで説明を受けた後、試乗もしたかったが、試乗車は一週間後になるらしい。それを聞いて「ああ、良かった」と思った。

乗らなくても、日本の道にあつらえて作られたトヨタ車だから、悪い事はないだろう。だけど、その前に「もういいかな」という答えは出ていた。だからコーヒーを勧められたけど、飲まずに帰ってしまった......。
c0021694_1125796.jpg
〜 もう一段底があるかと思ったら無かった、でもゴルフバックは2つ入るらしい 〜

「大人しくない大人達へ」というけれど「BLADE」という割には全然「切れてな〜い」。大人しくない大人は既に輸入車へと流れている。それを引き戻す作戦なんだろうけど、これもレクサスと同様にトヨタ車からトヨタ車組の為の車になるんだと思う。

ただ、そのパイは大きいし、小難しい理屈で拒否する輸入車乗りなんてのは、ごく僅かであり、大多数の人達は結構気に入られて買われるのかも知れない。隣で商談中だった中年のお父さんも、明らかにその口だと感じた。

トヨタもデザインでは絶対に勝てないのだから、こんな「付け焼き刃車」は出さず、トヨタはトヨタらしく日本のハイテクと車の完成度で挑んで欲しい。もし、これがハイブリッド車だったら、それなりに切られてしまったかも知れないから......。
トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/5291231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ken-987 at 2007-01-12 15:54
このクルマのCMは良い感じですね。
早速見に行こうかなぁ~と思っていました、

でも見たら、乗ったら、・・・でも一応行ってみます。
Commented by pingo21 at 2007-01-12 16:40
kenさん、私の場合、どうも変化球趣味なので、また違う印象かも知れません。
是非見て乗って率直なご意見お聞かせください。
Commented by らのう at 2007-01-12 21:39 x
長く乗るなら、オリジナルのオーリスの方がいいと思います。ハイっ。
Commented by がっちゃん at 2007-01-12 22:23 x
ブレイド=付け焼刃    う~ん  座布団一枚!
そうですかお眼鏡に適いませんでしたか。まあ所詮カローラですからね。
某雑誌で、「オーリスとはこんなに違う」って言う記事が比較写真入で出てましたが、ディティールの違いだけなので、かえってそっくりさんが強調されてました。基本的にはオーリスのリアサスペンションを変えただけだから・・・そこに中国製の2.4Lのエンジン・・・
今度の新型カローラのベースは今までの使い回しで、このオーリス・ブレイドが次期カローラの土台になるそうです。記事の〆は「カローラの兄貴分!」・・・orz

・・・で、僕的には、このブレイドのV6の3.5Lの4WDは、ありです。趣味の悪いスエード調のふたは、取っ払ってモニターを入れてしまうし。(これからは、ダブルモニターがあたりまえに・・・)センターコンソールは、全部取っ払ってオーディオのヘッドユニットが入るだろうし・・・
Commented by がっちゃん at 2007-01-12 22:26 x
すいません。らのうさんのコメントとへんにダブりました。
時間差です。ご勘弁を!
by pingo21 | 2007-01-12 11:03 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(5)