EV-AClass 〜 過去の電気自動車 〜

1年ぐらい前かな。覚えちゃいないと思うけど「Fra Lippo Lippi」というノルウェー出身のバンド(というよりユニット)の事を書いた。

その彼らの2ndアルバムである「Small Mercy」というレコード(当時はまだレコード)のジャケット写真に「Photo:Kunt Bry」との記述があり、ネットで検索すると(今では)どうも有名な写真家らしい事が分かったのだ。

その事を先日、某SNSで書こうとして、再び「Photo Kunt Bry」で検索すると、何やら見慣れない車の写真が出てきた.......。
c0021694_104650100.jpg
〜 この車は一体何? 〜

それは初めてAクラスを見た時の印象に近く、えらく短い3ドアの寸詰まり車。最初は93年に出たAクラスのルーツであるコンセプトカー「ビジョンA93」を思い出したが、ちょっと違う。サイズ的にはスマートぐらいだが、ちょっとオモチャっぽい感じ。

何処かで見たことのある車に見えるが、それはアジアンカーではなく、どこかヨーロッパの香りがして、スペインとかポルトガル辺りで作られる小さなメーカーの車かと思った。

しかし、このHPは一体何語なんだろう?「Åが付く言葉って一体何?」と思ってリンクを辿っていくと「THINK」という名のメーカーに辿り着いた。

「はて?こんなメーカーがあったのか?」と先のHPとそのHPを見ていくと、どうもこの車「電気自動車」のようだった...........。





それで、もう少し、このメーカーの事を調べてみると「3メートル足らずの「THINK」という小さな電気自動車がノルウエーでこの12月発進した。(99年)」との記述を見つけた。

これで最初に書いた「Fra Lippo Lippi」と繋がった事になる。しかし、この車、1回の充電で85キロしか走行できず、最高速度も90キロでしかない。価格は日本円で190万円(139,000NOK)で、このほかにバッテリー・パッケージとして、月額1万5000円(1095NOK)の5年間のリース費が加わるから価格も維持費も決して安くない、と書いてある。

この会社、後にフォードの資本参加になったと書かれていたが、今はフォード自身が危ない現状で、どうなっているのか分からない。ただ「THINK社」自身は現存している様で、この車は「THINK city」という名前で他にオープンカー仕様もあるようだ。

最初に引っかかったHPを見ると、オフ会っぽい写真もあり何だか楽しそうだ。ちょっとペットを飼う気持ちに似ているのかも。まあ、(想像だけど)環境に関心のある人々の多い北欧なら受け入れる人も多いのかも知れないが、移動のための手段としか捉える事の多い今の日本、そもそもインフラの発達した日本の人達と車に対する考え方が違う気がする。

「電気自動車」と言って思い出すのはあれである......そう、それは「2001年充電の旅」の事だ。

今から5年前、A160をベースにした電気自動車が日本全国を走り回ったこの企画。行く先々でコンセントをお借りするというユニークなものだったが、新し物好きの私は、真っ先にサポーターを買って出た。

だが来県するかも知れない予定の日に待っていたが、結局家へ寄る事はなかった。だが、市内の旅行会社で充電を受けているとの連絡があり、早速見に行たのだった。

その時の様子は、古い日記に書かれている。ついでに、その様子をビデオカメラに納め、図に乗ってHPに掲載した動画を今でも見る事が出来る(消してなかった)。それでHPで紹介出来なかった当時の写真があったと思い探したが、結局見つからず。たぶん何処かのHDDに眠っていると思う。
c0021694_10472784.jpg
〜 この車、今もどこかにあるんでしょうか? 〜

あの日の事は今でも鮮明に覚えている。

ドライバーは電気自動車の製作・運用のベテランである薄井さんと、同じ日本EVクラブの古澤さんの2人だけ。それもそのハズ、後部座席からトランクルーム一杯に機材を載せていたから、余裕がなかったのだ。しかもエアコンまで外していた。

充電にはかなり時間が掛かったと思うが、暗くなってきたので途中で中止。その後、旅行会社の人を順番に乗せて試乗。その姿を指をくわえて見ていたら「途中までご一緒しませんか?」との提案があった。それは願ってもなかった事。それで私のA160は薄井さんが運転し、古澤さんの運転するEV-AClassに同乗させてもらった。

ビデオに映っているのは、その最初の所だけで、実は、動画の続きはもっとあって、あの後15分ぐらいEV-AClassに乗せてもらいながらビデオを回し続けた。このテープは今でも残っている。初めて乗った電気自動車は、何かスーと音もなく発進して、ほとんど無音の状態のまま走り続けた。今から考えると、あんな良いカーオーディオ環境もないなと思う。そして、それは貴重な体験でもあった。

しかし、あの時何故Aクラスを電気自動車のしたのか聞くのを忘れた。たぶんビートルなんかを手がけてきた薄井さんの提案かと思うが、当時、蓄燃料電池を想定してつくられた二重床構造とかの「Aクラス=未来の車」っぽい印象が強かったのかも知れない。
c0021694_10471169.jpg
〜 後のAクラスコンセプトカー ビジョンA93 〜

その後「2001年充電の旅完了」のハガキを貰ったが、それっきりである。先日、その旅行会社の前を通ったら、空き店舗になっていた。ネットで探しても見つからず、お世話になった営業と受付の人は何処へ行ってしまったのか。

当時、放送機器エンジニアだった薄井さんを検索してみると、今でも変わらない生活をしているらしく、所々で掲示板の書き込みを見つける事が出来た。しかし筑波大学の大学院生だった古澤さんの名前は発見出来ず、今は何をしているのだろうか。ひょっとしたら大手自動車メーカーで電気自動車の開発なんかをしているのかも知れない。

あれから5年。A160に乗っていた私はA200Tに乗っている。あの時、別れ際に「10年乗って、後はEVにでもコンバートします」なんて言っていたのに、全く辛抱足りなかった。

しかし、あの頃の日記を読み返すと、ちゃんと書いているな。今の惰性書きとはえらい違いだ〜。
トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/4814413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by newC at 2006-10-27 13:08 x
わたしのところの
「Japanese」-「フォトギャラリー」
「Necar5/F-Cell/EV-A」Page 11-22,35もご参考まで。
page 35 のEvoちゃんとの並びっこは世田谷の国産車ディーラーでのスナップです。
B-Cellも早く見たいなぁ
by pingo21 | 2006-10-27 10:50 | 代車・試乗車・気になる車 | Trackback | Comments(1)