トウキョウ.......いや違った トヨタ・モーターショー 〜 その3 〜

先日の連休に「TOYOTA MOTOR SHOW」なるものへ行ってきた。

風邪の為、書くのが遅くなってしまったが、間違っても「TOKYOではなくTOYOTA MOTOR SHOWだ」。正確に書くと「TOYOTA MOTOR SHOW in okayama」と言う、ちょっと情けないショーなのだが(^◇^;)。

ま、地方の田舎にありがちな、東京モーターショーで余ったコンセプトカーを何台か並べただけのショーなのだ。いやショーと言うより、ショーカーを客寄せパンダに使って、既存車を「ドサクサに紛れて売っちゃおう!」って言う商売なのだ。

と書くと身も蓋もなくなるな (´・∀・`)ヘ。そうとは分かっていても、タイトルには「その3」と書いてあるように、実は2年前の日記ネタでも行っていたのだった。だから今回もおおよその見当はつくものの、騙されたつもりで(いやA200Tが車でのネタの為にも)行ってみた。

ところが........。
c0021694_128553.jpg

の様に、会場近くは車で一杯。丁度同じ所で「人体の不思議展」もやっているもんだから人と車でごった返していた......。




 
..............結局、駐車場に入るのに30分ぐらい待ってしまった。

やっと入った会場には、トヨタ車がズラリ(当たり前か)と言うより、人と人の間に車が点在するって感じで、会場は熱気ムンムン。しかし、一番見ておきたかった「レクサス車」は1台もない。あ、レクサスはレクサスでトヨタ車とは違うのか (´・∀・`)ヘ でも、こんな雑踏の中で売るわけにはいかんだろう(って買う人もいないだろう)。
c0021694_121069.jpg

しかし、ここを通らないとコンセプトカーは見られない。だが、向こうでトヨタの技術力を見て舞い戻り、勢いで買ってしまう.......そんな客もいるか? まあ、これは「一種の催眠商法だな」。いや、そう言うと語弊があるか(^◇^;)。

ただ「催眠商法」に似て無くもない。会場に集まったお客のエネルギーは凄いもので、時々ファンファーレが館内に鳴り響き「○○様 ○○トヨペットよりラクティスお買いあげで〜す!!」とか「ネッツ○○でビッツお買いあげ〜!!」みたいな館内放送が、商談成立の度にあるから、買うつもりもなかった田舎のオヤジが「あなた買いましょうよ」とカミさんに、せっつかれ、つい「クラウンを買ってしまう」........って、そんなヤツはおらんやろう(いや一人ぐらいいそうか?)。

さて、肝心のショーカーの方に移ると、今度は広めで見やすいが、東京モーターショーに比べたら、ちょっと寂しい。いや、凄く寂しい。

ショーモデルって言うか市販されないコンセプトカーは、一応「i-unit」だけで、後はハリヤーハイブリッドのカットモデル。
c0021694_12113819.jpg

それと販売目前の「dB」「new エスティマ(ハイブリッド)」(これも一応ショーカーなのか?)の前には結構な人だかりがあった。
c0021694_12121411.jpg

c0021694_1212266.jpg

そうそう、前回もあった「F1」の前には、お姉さんが立つたびにオヤジ達のフラッシュ......。
c0021694_12125332.jpg

一応「Iswing」の試乗も可能であったようだが既に終わっていた。
c0021694_1214138.jpg

しかし「万博の乗り物」で終わると思っていたこれは、至る所で出てくる。

ひょっとしてトヨタは、これを本気で売るつもりなんだろうか? 先の「ジンジャー」同様インフラ整備をしないと公道では走れない、ぐらいな事は当然分かっていると思う。いや例え走れたとしても雨風を考えると室内以外では難しい。何時か、この技術が生かされる時が来ると思うが、それは一体何時どんな形なのかな........。

そんな事を考えながら、見てみたが、結局全部見ても駐車場待ちぐらいな時間で終わってしまった(υ´ Д`)。まあ、田舎にありがちなものだけど、それなりに楽しめたりする。そう言えば来月には輸入車シヨーもあるから、今度のネタは、それだな。

病み上がりで、冴えない文章。もう少しリハビリが必要かも(υ´ Д`)
トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/3365978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by がっちゃん at 2006-01-16 06:12 x
鎮痛剤について
インフルエンザに対しては、NSAIDs(非ステロイド系抗炎症薬)のうち、ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン等)やメフェナム酸(ポンタール等)は、有意に死亡率が高いこと、インフルエンザ脳炎・脳症の重症化、予後の悪化が報告されています。本来痛みは、アラキドン酸がシクロオキシゲナーゼ(COX)によって、代謝されることによって生じます。この時NSAIDsでは、悪者のCOX-2をやつけるためにイイモンのCOX-1までや付けてしまいます。これに対して、アセトアミノフェン(カロナール等)では、中枢のCOX-3(2002年に発見された)を特異的に阻害します。従って、副作用も少ないというわけです。つまりインフルエンザの時のファーストチョイスはアセトアミノフェンが適当かと思います。アセトアミノフェンは効かないというイメージがありますが、抗炎症作用は期待できないものの、解熱鎮痛作用は、十分期待できます。NSAIDsから強いて選べば、ロキソプロフェンナトリウム(ロキソニン等)かな?ご覧の医療関係の皆様、大筋こんなところで間違っていませんか?
by pingo21 | 2006-01-12 17:10 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(1)