冷やかし探検隊が行く ~ ゴルフ プラス! 実用ですか? ~

.........昨日の続き。

勧められるまま、ドアを開けて運転席に座ってみた。座った感想は、天井が高いと言うより掘りが深いって感じだろうか。勿論、それは毎日乗るA200との比較だから、たぶんW168だと余計に、それを感じるのかも知れない。

ドアを閉めた感じでは車内はW169より狭く感じた。ただw169の車幅は車長に比べて横に広いから、この程度の方が車幅感覚が掴みやすいと思う。事実、未だにA200の車幅は、ちょっと広く感じて、狭い駐車場にバックで止める時はA160よりハンドルは軽く扱いやすいハズなに神経を使ってしまう。

インテリアカラーは「アンスラサイト」と呼ばれる黒っぽい内装色だった。ウッドは勿論の事アルミも、ちょこっとしか使われておらず、VW独特の質実剛健っぽい雰囲気が漂っている。ただ、これは後のDIY用に色々とイジレるって事を前提として考えると悪くはない。

まあA200Eみたいにウッド使って「高級」っぽ見せなくても、道具としての車なら、これはこの方がサッパリしていて気持ちがいい。もし、これにウッド多用のパーツだらけにカスタマイズされた車に仕立てたならば逆に「下品」と感じるだろう。
c0021694_10401285.jpg

インテリア色には、このボディ色で「ベージュ」も選べるが、ベージュは全て受注生産となるので、当然納期は長くなるらしい。




 
メーター周りはゴルフと共通に見えるが、センターパネル付近やダッシュボードはオリジナルらしい。ここに2DINのナビが入りそうだがエアコンの吹き出し口が左右にあるので、インダッシュナビを入れても心配なさそうだ。インダッシュナビ搭載の車には、吹き出し口もを塞ぐ不都合を良く目にするが、上か下で迷うより左右っていう手があったとは気が付かなかったな。
c0021694_110761.jpg

天井を見上げると、新しいザフィーラみたいに小さな小物入れが並んでいる。これを見て80年代に出ていたパナソニックの天井取り付けのカーステを思い出したりしたが、あれって結構高かったけど、飛行機のコックピットみたいで欲しかったよ(遠い目)
c0021694_1104371.jpg

何だか他車の美味しい所を沢山つまみ食いしてそうだが(どっちが先か知らないけど)、実際はここに何を入れるのだろうか?こんな小物入れには大抵「サングラス」とか入れてる写真がありがちだが、実際サングラスして車を運転する「黒い瞳の日本人」が、どれだけいるのだろうか?と思う事がある。

まあ、良いところ眠気覚ましのガムとかスタンドのカード類だろうか。子供が小さければ面白がって色々と入れそうだが、たぶんここに入れてある事を忘れてしまい、発見した時にはチョコレートや飴は溶けてベットリ.....なんて想像してしまった(^^;)。

が、しかし私的にはサンルーフ装着車には付かないので、関係ないのだが(^^;)。まあ収納が多いのは無いより良い。W169なんてほとんどないのだから。特に、深くなった車底を利用してフロントシートには二段重ねのトレイが着いていたりするのは羨ましい。

さて、話が段々逸れていきそうなので、今度は後部座席に移ってみよう......。
c0021694_1112073.jpg
ここも足下が深く横方向も、中央にカップホルダーが置けるぐらいのスペースがあり大人が座っても余裕がある気がする。シート自体も前後動かせるので足下のスペースも広く出来るのは羨ましい機能だ。W169も後部座席が移動できればイイと思うが僅か3.8mの車だと、これ以上は無理だろう。

続いてラゲッジルームを見てみよう.....。
c0021694_112285.jpg

ここで、待ってましたとばかりに先ほどの営業氏が説明を始めた。まずラゲッジルーム自体は、なんとW169同様に二重底になっているのだ。高さこそシートが仕舞えるぐらいなAに比べて深くはないが、収納スペース確保と物の出し入れには便利そうだ。

で、営業氏曰く「ゴルフバックも入りますから」と自信ありげに説明。「え?ここに入るのですか?」と聞けば、先日行った研修会で実際に入っているのを確認しているとか(何個、どのように積んだかは聞かなかったけど)。

Aに4人乗車だと、これが微妙に入らないので、それだけは長い車のメリットなのか。いやラゲッジルームの横幅も、出っ張り部分が少なくて、ちょっとAより広く感じるぞ(実際に測ってないけど)

で、話は続き、シートアレンジに移っていく。ここでも営業氏は張り切って色々とやってくれたが、後部座席のシート形状も考えられててフルフラットとは行かないまでも、まあまあフラットで荷物が沢山積めそうではあった。特に前席助手席側のシートも前にパタンと倒す事が出来てフラットに近く長軸物も簡単に入りそうだった。
c0021694_1124597.jpg

ただ、ちょっと作業には力が要りそうだ(って実際はやってないけど)。その点W169は簡単にパタパタと畳んだり手軽に外したりする事が出来る。これはハンドルの軽さとか走りとかとも共通して、全体的に軽快感のある車に思えるが、営業氏を見ているとゴルフプラスは、ちょっと重そうに感じた。

さて、一通り見た所で肝心の「試乗を.....」と行きたい所だが、残念ながら時間がない。それに今すぐ買うって事もないので、あまり手間を取らせても悪いと思った。それに昨日も書いたとおり、走りに関しては重く高くなっても現行ゴルフ同様の軽快な走りらしい。ただ回せば少々エンジン音が気になる(人には)らしいのはVW車共通のティストか。

だけど「これイイよ!」と知り合いには勧めたくなった。メルセデスに拘らなければ、荷物を載せることを主に考えるとBクラスより実用的だろう(ま、比べる所が違うけど)と思う、しかも(Bクラスに比べて)安い。1.6Lだと全部で300万円もあれば買える値段だ(ナビは別だけど)。

コストパフォーマンスで言えば、絶対にゴルフプラスに優位性があるのだが、ならば「国産車でも良いのでは?」となってくる。機能や値段ばかりに目が行ってしまったが、車には、それ以外の目に見えない魅力があるから、単純には比較できないだろう。

でもデザイン的には、隣で黒い口ヒゲを着けたゴルフGTIと比べて、とてもフレンドリーに感じた。ま、対象が小さな子供の居るファミリーだから既存のゴルフと比べる事自体間違ってはいるが、この対象って、Aと全く同じに思える(Aは年収1000万円以上のファミリーとリタイヤした老夫婦らしいが(^^;)。

帰り際に「カタログ貰えますか?」と聞けば、普通は「ここにお名前を」となる所だが、何も言わずにアクセサリーカタログと一緒に名刺を貰った(これも個人情報保護の影響なのかな?)。

しかし、VW本社も赤字続きで大変だが、これだけ矢継ぎ早に多種多様な新車を投入してくると、案外売れるかも知れない。特に、このゴルフプラスは、Aクラス(&Bクラス)の良きライバルになりそうだと思った。
c0021694_1133310.jpg

事前に写真で見たときは「どうかな?」と思ったゴルフブラスも、店頭の黒より、この色のゴルフプラスに引かれたのは、何となくVRのA160を思い出したのかも知れない。いや、もしあの時Poloを買っていたならば、たぶん今はゴルフプラスに乗り換えていたと思う。

「よし、フィットの次はこの色のこれだ!」と思ってみたものの、これ以上大きくなったら妻には反対されるだろう。特に目立つ色は嫌らしいから、地味な色だと魅力も半減してしまいそうだ。しかし色は重要だよな、色は。って事で、今日が発表だよな........。


PS:今回デジカメは全てU40を使用。ちょっと急いで撮ったので、どれもピンボケでシャキットしなかった。よってPhotShopで誤魔化すのに時間がかかってしまった。U40は手軽でさっと撮れるので放せないのだが、そろそろ高画質なコンパクトを買ってもイイかな?なんて思ってしまったのだが..........この話しは何時かにつづく。
トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/3041953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by pingo21 | 2005-11-10 10:48 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(0)