FLECTOGONの復活

常駐するマストドン関連の「Discord」(ゲーマー向けSlackみたいなもの)で、オールドレンズが話題となった。

そう言えば我が家にも「Carl Zeiss Jena DDR MC Flektogon 2.4/35」なんてのがあったが、4/3に換えてからはアダプターも無いので使っていない。元々はペンタックスを使っていた頃にヤフオクで落とした物だったが、NEXの時もアダプターを購入して使った事はある。

c0021694_17032790.jpg

今は全く使っていないレンズなので、このまま防湿庫の肥やしにしておくよりは、奉公に出した方が良いと思った時期もあった。ただ、苦労して入手しただけに手放さずに今でも持っている。

ちなみに「MC Flektogon 35mm/f2.4」はオールドレンズの入門用として今でも人気のレンズらしい。確か3万円程度で購入したが、今もほとんど同じ価格帯で取引されている。MCが赤色だと古い時代らしく人気が高い。型番を調べてみると1976年~1980年に旧東ドイツで製造された物らしい。




しかし、今これを4/3カメラで使うには、またまたアダプターが必要となる。

それもピンきりで、1~2万円くらいの物もあるが、ここは激安の中華製「K&F CONCEP」のモノを購入。運良くヨドバシに破格で売られていたので迷わずゲット。まあオールドレンズで遊ぶだから、この程度で良いと思ったが、なかなかしっかりした商品だった。カメラのこの分野でも中華製はあなどれない程の精度はある。

c0021694_17191224.jpg

片側は4/3で、もう片方はスクリュー式のねじ込むM42タイプ。

それをレンズと合体。

c0021694_17230826.jpg

うひょー、何だか厳ついレンズになってしまった。

これを今現在4/3カメラでは一番小さなGM5と合体。結構な戦闘態勢となる。

c0021694_17242495.jpg

まずは試し撮りと思い、電源を入れてシャッターを切ろうとしたら「レンズが確認できません」と出た。

「え? 使えない!?」と一瞬焦ったが、カスタムメニユーに「レンズ無しレリーズ」という設定があるので、それをオンにすれば良いのだ。

c0021694_17283737.jpg

これでシャッターが下りて撮影可能となった。

しかし、これはオートフォーカスではない。当然、マニュアルでピントを合わせるが、幸いなことに「ピーキング」が出るので合わせやすい....。

c0021694_17321029.jpg

.....かと思ったが実際は、この青色は分かり辛いのだ(これ色の変更が出来なかったかな?)。

久々のマニュアルフォーカスに悪戦苦闘。で、最初の一枚は廊下にあった花。f2.4の切れは良いが切れすぎて、ピーキングが上手く出ず。GM5のファインダーは全く無用の長物。結構寄れるのが特徴だったレンズだが、4/3素子なので「換算70mmレンズ」だった。

c0021694_17390370.jpg

しかし、これもまたカメラの楽しみの一つ。何でもかんでもAUTOで撮っているとマニュアルフーカスは新鮮でアナログレコードと同じ趣がある。

せっかく買ったので、もう少し楽しんでみようかな。



トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/28490725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かずさん at 2017-12-12 12:31 x
M4/3と思えない良いボケ具合ですね。

ピーキングの色は黄色がデフォだったと思うので、
メニューで変えられたのではないでしょうか。
Commented by pingo21 at 2017-12-12 15:28
カスタムメニューに有りました。
早速、変更して少しは見やすくなったかな。
でも、このカメラのデフォはブルーみたいです。
by pingo21 | 2017-12-12 12:14 | デジカメ・写真 | Trackback | Comments(2)