Concept EQ A

昨夜からα7IIIが出るとか、今朝のアップルの新製品とか色々目白押しだったが、ヨーロッパではフランクフルトモータショーが開幕。

日本時間では夕方にライブ放送されて、噂通りEV車のコンセプトモデルである「EQA」が登場した。

c0021694_08002167.jpg


EV車としては既にSUV版の「ジェネレーション EQ」が出ていた事もあるので大して新鮮味がない。

しかも現行AクラスやCLAのコンセプトモデルを見た時はカッコイイ! と思ったのに、未来の電気自動車としては何となくインパクトに乏しいのだ。ただ、それだけ市販車のイメージに近いのも知れない。




EQ Aは現行W176の進化系とも取れるハッチバックフォルムだ。カッコよく見せるためかタイヤは20インチ。W176のコンセプトモデルと同様に2ドアだが、市販車はたぶん4ドア。空気抵抗を軽減される為にドアハンドルは省略されているが小さいドアミラーはある。

車長は4,285mm、幅は1,810mm、高さは1,428mmとワイドアンドローな感じで、車幅はC205と同じ。総出力は275馬力の500Nmらしく。これで、0〜100 km/hは5秒だとか。2つの電動モーターが搭載されているのは、ジェネレーションEQ車と同様だが、パワーは少なく航続距離も、やや少いのは車体の大きさに伴いバッテリィ容量が異なるのかもしれない。

c0021694_08002469.jpg


1回の充電で400kmとは先のリーフと同等だ。ちょっと前の走行距離200kmのEVカーを考えると倍に増えたと思えるが、測定基準が不明だし夏場のエアコン使用とか環境によっては実質300km少々ぐらいか。

10分の急速充電で100km走行可能だが、これも充電器の種類によって異なりそう。そう考えると電気自動車はまだまだだと思うが、短期間にかなり進化しそうでもある。

c0021694_08001806.jpg

2020年には市場に登場する予定らしいので、もうすぐだ。しかし、これが次のAクラス(EV車版)と考えると、とうとうAクラスもここまで来たかと思う。

ただ20年前に夢を見たW168のサンドイッチ構造と燃料電池車の未来ではなかった。





1年前には、ここで新しいプラットフォームであるMFA2と共にAクラス(W177)が発表されるとの噂もあったが、それは来年かな?

そんな事より、アップルの発表会を見ていたので今日は眠い。




トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/27442662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by がっちゃん at 2017-09-13 19:07 x
本当にガソリン車は なくなっちゃうのかな?
中国でもそんなこと言ってるみたいだし…
巨大石油カルテル(?)は 黙っているのかな?
って 余計なお世話か?
ホンダからもシティみたいなのがでるみたい。
ちょっと楽しみ ( ´ ▽ ` )ノ
Commented by pingo21 at 2017-09-14 12:08
これから10年か20年は混沌とした時代がやって来そうな予感ですね。
そうそうホンダのEV、19年に市販?
by pingo21 | 2017-09-13 12:09 | Aクラス(W177・MFA2) | Trackback | Comments(2)