製麺所系

連休最終日の話。

天気は下り坂の予報だったが、日中は晴れのマーク。今日こそ東へと走り出すが、ちょっと寒い。しかも向かい風で萎える。

c0021694_10153590.jpg

ところが5kmも走らない内に暑くなってきた。

冬用のグローブの中では汗をかきそうなぐらいモアッとしている。グローブは冬用と夏用しか持っていないので、指切り夏用は指先が冷たくなるので、この季節は難しい。次は冬用のジャケットを止めて年に2回ぐらいしか着ない長袖ジャージにしょう。




しかし風が常にアゲンスト。大して走っていないのに既に行きで疲れ気味。

「今日は大丈夫かな~」と体の心配をする始末。体調不良で途中で引き返そうかと思ったが、景色は春で天気も良いので、ゆっくりノンビリと走ることにした。

c0021694_10190730.jpg

いや~それにしても春らしく、いい天気だ。

そのままズルズル、ハァハァと3つの峠を越えて家から36km走った所で、着たのが今日の目的地。

「製麺所」と名前がつくが、実は今年の1月に開店したばかりの店。

製麺所と言えば卸専門で店の一角にイートインで始めた所が、そのまま店になったというのが本場のカタチだ。なので普通の民家やバラック等、とても店とは思えない外見や場所であったりする。「だが、それがいい」とした所にブームのルーツがあった。ところが、このお店、やたらと小奇麗で洗練されているのだ。

c0021694_10205303.jpg

店のロゴにしたって、ちゃんとしたデザイナーが「フォントにも拘って作りました」という感じ。そもそも香川製麺所と言っても本店は大阪だったりする。

つまり、あれだ。丸亀製麺所と同じパターンのチェーン屋なのだろうと想像したが、経営母体の「SEVEN WORLD」という会社は高松市内にある。居酒屋系の飲食店等のプロデュース業が主体なので、地元に凱旋するには、それだけ力が入っている店だと思う。

c0021694_10363526.jpg

店は広く全てテーブル席のハーフセルフ店。元々はスイーツの店で改装しただけだが、駐車場は広く入りやすい。

メニュー数は多いがツボは抑えてある。本来ならツウらしくシンプルな「かけうどん」からと言いたい所だったが、どーも出汁の前評判がイマイチなので邪道の「カレーうどん」にしてみた。しかも黒カレーうどんだ。

c0021694_10550695.jpg

それで失敗したら、ここまで来た甲斐もないと思い抑えにオデンを2品だけ。

ま、これは普通かな。いや悪くはないが、具が綺麗すぎて小さめなのが他所で作って入れてるだけのコンビニおでん的で、ちょっと残念。製麺所なら具は大きめで不揃いが良いが、そこまで求めるものでもないか。

c0021694_10563523.jpg

では、本番の「黒カレーうどん」をいただく。

麺は、好みの少し太麺。しかも噛みごたえのある流行りのグミ・モチモチ系だ.....「あれ、これ意外と良いかも?」カレーの方も極度に辛くなく出汁も効いて丁度いい。

c0021694_10564659.jpg

しまったな。新参者でしかも製麺所なんて名を語るチェーン店だから、味には期待しなかったのだが意外とイケる。

しかし普通のかけうどんでチェックしてみないと未だ何とも言えないか。ただ香川にルーツを持って、しかもうどん屋の非武装地帯である東方面に開店したのは全て計算づくしのような気がする。肝心のうどんが普通なら1年も持たないだろうに、これは相当の自信があるのかも。実際、目視で2店舗のうどん屋が見える場所なんだから、相当の準備と戦略があっての事だと思う。さて、第二の丸亀製麺所に成りえるかな。


c0021694_11073237.jpg

帰り道の気温は「14℃」と自転車で走るには丁度いいが、冬のウェアだと少し暑いくらい。

ただ帰り道は意外と脚が軽く、回る回る。あれ?体調悪かったんじゃなかったっけ?と思うほどで、何故なんだろうと思ったら追い風だった。

c0021694_11095443.jpg

冬とは逆の風に、これなら50km走ってUターンしても良かったかなと余裕が出たりして。

この日走った距離は「66.63km」で、ここの所こんな距離ばかり。でも、帰り道で張り切りすぎたか、この程度でも疲れてしまった。



トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/26519584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by pingo21 | 2017-03-24 12:23 | うどんポタ | Trackback | Comments(0)