懲りずに今年も輸入車ショウに行って見ましたの巻 その2

......昨日の続きから。

まずはカメラの話。昨年は買ったばかりのGM5がシャッターの接点不良と予期せぬフリッカー現象で失敗。15mm(換算30mm)の画角に慣れずボケも期待するほど出なかった。そこで今回持参したのはGM5用に昨年末買った「42.4mm/F1.7」「ライカQ」の二台体制。これなら、どんな画角でもイケるかな?

c0021694_16391349.jpg

と思ってみたものの、GM5を開放で撮ると露出オーバー気味になるので少し抑えるが電源OFFでリセットされてしまう。逆にQの露出は保持されているが、前回使った-1.0まままだった事に途中まで気が付かなかった。

露出オーバーの警告は出るものの抑えると逆に暗くなる。スポッライトが多く照明が均一でないと、なかなか上手くいかない。






やはり2台持ち歩いても重くはないが、車に乗り降りする時にバック(と言っても小さい)が邪魔になる。

今年は珍しくR8が開放されていたので早速乗り込んでみたが、ヨッコラショ状態。スポーツカー的な車は運転席がタイトだから身軽が一番だ。
c0021694_16440248.jpg

もう、こうなると写真を撮りに来たのか車を見に来たのかが分からなくなって、車の事は後から写真を見て確認するようになる。これはイカンな。

デジイチ持参で来ている人もいたのでレンズが気になったが、理想はフルサイズにF2.8ズームか。いや、そうなるとレンズ含めてデカくなる。結局、blog掲載用に採用した写真を見ると、撮った数が少なかった42.5mmの方が多かった(やっばりTTはカッコイイ)。

c0021694_16485212.jpg
ただ、これは長いので、広い会場で撮るには距離を空けなければダメ。そうなると人の往来が途切れるまで待つしか無いし待っても顔が写ったりと、なかなか難しい。

雑誌に掲載するような前から斜め45度の全景写真ばかりになるとツマラナイので、それを避けて撮ろうとすると何が何やらサッパリな写真ばかり。

c0021694_17115995.jpg

ただフルサイズの28mmは会場内の雰囲気を撮るには思ったより良かった。クロップも使えて便利だが、後でblog用に合わせてリサイズすると28、35、50mmの3パターンあり縮小率が異なるので面倒。

何だかんだで、来年は4/3のホディをもう一台買って使いまわす方が、良いかなと思ったり...。

c0021694_16554198.jpg

カメラの話は置いておいて、今年の輸入車ショウは少し人が少なかった様な気がする。この冬初の雪が降ったせいもあるが、この会場辺りだけで家の方は全く降ってやらず。ただ外は寒いので出足が鈍かったのかと思う。

外にある中古車コーナーには、ずっと待機しているディーラーの人か居て寒そうだった。これはもう罰ゲームだ。


c0021694_17012955.jpg
見ているお客も少なく、そそくさと会場内へ戻っていた。

しかし女性の参加率は年々高くなった気がする。もちろん付き合わさせられて的なカップルも多いが、意外と歳を重ねた年配の女性がいるし熱心に見入っている姿もあった。

c0021694_16521858.jpg
ちょっと羨ましいと思ったものの、逆に車に詳しすぎるのも購入時に誤魔化しきれなくなりそう。

結局、12時前には離脱。何だかんだで2時間近くも居たのだが、欲を言えば裏手に止まっていた試乗車と思われる水戸ナンバーのE43に乗ってみたかったな~
c0021694_17172352.jpg
これって上お得意様向けですよね? 店長に進言すれば乗せて貰えそうだったが、車内で熱心に説明を受けている姿を見て、冷やかし客は遠慮しておいた方が良さそうだと思ったのだ。

さて、来年は面白い車が来るかな.......。




トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/26324720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まこやん at 2017-01-18 12:18 x
年配のカップルで見に行ました。
ギブリとクワトロポルテに乗り込んで嫁はやっぱコレやねぇって。

こんな高いの買えるかいってw


Commented by pingo21 at 2017-01-19 12:02
マセラティ店の前は何時も通るのに入るには勇気いりますよね。
ストリートビューで店内を見て回るのが精一杯。
by pingo21 | 2017-01-18 12:09 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(2)