買い替えは突然に ~ デミオに乗ってみるの巻 ~

....昨日からの続き。

CX-3に乗ってみたものの、肝心の「デミオディーゼル」に乗れなかったのが心残り。発売当初に一度だけ同僚の車の助手席に乗せてもらった程度で、ちゃんと乗っていない。そこで試乗車がありそうな他の店に行ってみた.....。

c0021694_1304460.jpg

昔は「アンフィニ店」だったらしいが、何時も通り過ぎるだけで一度も入った事もない店だった。

駐車場へ入ると小走りで近寄り、いち早く車を誘導してくれる営業マン登場。最近のディーラーはどこへ行っても対応が良くなったと感じる。レクサスまでのオモテナシはないにしろ、マニュアル通り気持ちよく対応してくれるのはレクサスが出来た事による好影響だと思う。しかし、それもこれも良い担当と当たるか否かでもあり、車の良し悪しも担当者の影響は大きいのだ。



車から降りるなり「デミオディーゼルの試乗をしたいのですが~」と言うと「すぐにご用意します~」と気持ち良い対応。まずは店内へと案内された。

これが黒塗りマツダと呼ばれる店舗なんだろうか。CX-3に乗ったマツダ店と同じ作りだが少し広く、ちょっとオシャレなカフェ風だ。これがマツダブランド向上へと繋がっているに見えても悪くはない。小奇麗だがどこか事務的な他のディーラーや行きつけのMB店より全然良い傾向だと思う。

c0021694_13492897.jpg

カタログを貰い、アンケートを書いた後で免許証の提示を受けた。試乗で免許証は以前あったプジョー店以来だが、それ以上に保険の話や事故に関しての注意等、念を押しての説明を聞く。前の店もそうだったけれど、恐らくマニュアル通りなんだろう。

そして、知らない内にデミオディーゼルが正面に待っていた。これも先のCX-3同様に新しいモデルの特別仕様車である「Noble Brown」だが、外からの見た目は同じ。

c0021694_15154949.jpg

ドアを開けるとCMで見たシート生地が見える。

確かに内装の質感は高く、国産コンパクトカーには無い雰囲気。昔あったルーテシアのコピー通り「小さな高級車風」だ。後部座席にも座ってみたが思ったよりも広いのは意外だった。

c0021694_152232.jpg

さて出発です。

出足は、CX-3より軽やかに感じるのは車重の軽さだろうか。走り出せばディーゼル車を意識することはないが信号ストップでは、またカリカリと音が鳴っている。これも下ろしたてでバッテリィの充電が足りない事からアイドリングストップがキャンセルされているらしい。「ナチュラルサウンドスムーザー」なんてのも入っているが決してガラガラ音が無くなるわけではない。CX-3より幾らか静かだが、ロードノイズはそれなりに入ってくる。それでも一昔前のコンパクトカーと比べれば断然静かだ。

マツダコネクトに関しては「随分良くなりました~」との説明を聞くと、以前は余程酷いものだったのだろうと思った。それでメーカーはNNG製から国内(イクリプス?)になったのだとか。でも7インチの画面が小さく見えた。車も大画面や2画面時代に突入しそうだから次は8インチかな。

c0021694_153235100.jpg

途中から坂道を登って行くが非力感は皆無。低速からトルクを感じるが、これも有り余るほどではなく普通に走っている印象。

トンネルから出ると右や左のカープが続くが、やはり「Gベクタリング」の効果は感じられなかった。同乗する営業氏も乗り比べたけれど、ちょっと...らしい。まあ、それでも不安も不満もないので車としては立派だと思う。

c0021694_15373329.jpg

乗り心地は、やはり堅い印象。

私だけかと思ったら、堅いと言われるお客が多いとか。中には納車後に壊れていると言われた事もあるらしい。まあ乗り心地に関して人の好みや感じ方は千差万別なので難しいのだろう。トヨタが万人向けなのは、それらを全部救えるほどの柔らかさだからなのかも。でもデミオの堅さは全然OK。A250Sの経験から...(ry

c0021694_1541397.jpg

試乗を終えて戻ると、簡単な見積もりを作って貰った。

案の定、予想より少しお高い。メーカーセットオプションを全部入れたからだが、セーフティ関係は着けたい。ただレーダクルーズコントロールは30~100km/hと少し幅が狭いし、途中で経験した車線逸脱警告は普段ならオフにしたくなる。でも、今は過剰なこの装備ぐらい着けないと、せっかく最新式を買った意味が半減してしまいそう。

c0021694_1561672.jpg

マツダのディーゼルが好評な点はトルクと静かさと燃費だが、何れも「既存のディーゼルにしては」という事だと思う。ともかく最近のディーゼルは凄いと.....いう刷り込みがあった為、期待値が高過ぎた面もある。

いや、それを差し引いても悪くはない。残念なのは噂通りの値引きがキビシイ事ぐらいで、この内装だとカミさんも納得だろう。燃費はHV車と同じぐらいかと思っているが軽油なので、それだけ安く済む。ただ普段の使用用途だと短距離の利用が圧倒的に多いで、ディーゼル車は不向きだ。DPF再生とかなると故障してるとか言われそうだし、経年的変化は未知数。年次改良があると買った時は良いが、それだけ賞味期限が短い気もするし、そもそもトルクなんて関係ないと言われそう....。

c0021694_16103987.jpg

国産HVコンパクトカーとしてはアクアがあるがデザインが気に入らないしフィットHV以上に今更感がある。もうじき「ビッツハイブリッド」も出て来るが、どーも今のトヨタ車はデザイン的に違和感を覚える車ばかり。中身は良いのに何であんな風になってしまったのか残念。

さて、それ以外で面白そうな車は....と考えると、もう輸入車しか残っていない......って事で車選びは、まだ続く。




.
トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/26166811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2016-11-25 13:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by がっちゃん at 2016-11-25 17:14 x
本来の趣旨から外れるけど、ロードスターRFはどうだった?
かっこ良かった?
Commented by がっちゃん at 2016-11-25 17:22 x
あととよたのCーHRのじょうほうはよ!
Commented by pingo21 at 2016-11-25 17:51
>>鍵コメさん
やっぱりあるものは着けたいですよね。
マツダ地獄の話も出ました(笑
この営業マンは面白い人でしたので買うならこの人かなと思いました。

>>がっちゃん
それがRFき一台も見かけませんでした。
まだ来てない様子。

C-HRは高い走らない....以上、これだけ。
Commented by ロイヤルポロ at 2016-11-25 21:11 x
いよいよ本命登場ですかね。
DEMIOというかマツダ車はドイツで評価が高いので、ドイツ車に乗りなれている人はあまり違和感ないでしょうね。
私にもちょうどいい硬さかげんですが、果たして奥様はどうなんでしょう。
オプション付けて国産コンパクトに250オーバーはどうかなと思いましたが、輸入車を買ったと思えばお買い得?

ところで、年次改良で搭載されたGベクタリングコントロールとレーダークルーズコントロールは悔しいですが、pingoさんのレポートでちょっと安心ですw
電気仕掛けの安全装備もかなり充実していて、実は、輸入コンパクトに食指が伸びなかったのはこれが大きいです。
だんだん年取ってくると、なんだかこれに頼りたくなるんですよねぇ。
これがてんこ盛りの輸入コンパクトが出てくるまで、しばらくはしょぼいマツコネナビに耐えながら待とうかなと思います。

さて、pingoさんが何に決めるか楽しみですね。

Commented by pingo21 at 2016-11-26 08:52
>>ロイヤルポロさん
HVもディーゼルも一昔前の国産コンパクトカーとしては面白くなってきまししたね。
中身を見れば250オーバーも納得なんですが、コンパクに拘らない人には高すぎると感じるでしょう。
また、ブランドとかイメージに重きを置く人には関係なのかも知れません。

Gベクは是非乗って確認してみて下さい。所有している人にしか違いがわからないかと思いますが分かったら逆に悔しいですよね。
RCCは人間の感性にどれだけ近いかによると思います。メルセデスのディストロも、まだまだ改良の余地ありですから、付いていれば良いってものでもないと思います。

by pingo21 | 2016-11-25 12:17 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(6)