ライカ・バージン Leica Q (type116) ~ 開封の儀 ~

「開封の儀なんて、やるなよ恥ずかし~い」と思っていたのに、入手して未だ大して撮れていないので、これでお茶を濁す事にする。

さて、最初にQを買おうと考えたのは昨年の12月頃だった。新しいカメラが欲しいと思っていた時期にNEXが壊れてしまったので勢いが付いてしまったのだ。前回書いたように次は「コンパクト・フルサイズ」と決めていて、当初はソニーの「RX1RM2」の方がサイズ的には魅力だったが、価格的に大差ないぐらい値上がってしまった事と発売延長から急遽ライカQの魅力に引き寄せられてしまった。

c0021694_15214978.jpg

ところが、発売は昨年の6月だというのに未だ品薄状態。どの店も「納期未定」ばかりなので、現在の納期を尋ねてみると「3ヶ月ぐらいですかね~」という返事。しかも国産カメラと違って発売から半年経っても値段は下がるどころか一時オークションでは値上がってしまうプレミア価格。流石にライカ様だが無いものは買えないし、これでテンションがダダ下がり。

まあ、それで「GM5」で一息ついて、普通に買える時期になったら、その時にまた新たに考えようと思った。なので早くても夏頃か次の冬に....と思っていたら、2月に入って入荷量が増えたのか一通り行き渡ったのか「在庫あり」の店がポツポツと出始めたのだ。



さて、どーする。「夏まで待てるかな?」と言うよりも夏まで待っていると「二度と出会えないシャッターチャンスを逃してしまうぞ」というカメラを買う時に都合の良い事を考えだすアルアル状態に陥ってしまい、気がつけば「ポチッ!」と。

本来なら、敷居の高い「ライカストア」で実物を手にし確認して、その後カタログなんぞを眺めて、ゆっくり考えたいと思っていたのだが、当地にはライカストアなんてハイカラな店もなくカメラのキタムラへ行ってもカタログさえ置いていない。ま、カタログはpdfで落とせるので、どっちでも良いしカタログで購入が決められるほどの情報はない。実際には、あらゆるネット記事や個人blpg、Youtubeや価格.com、2ちゃんねるに至るまで「Leica Q」で検索しまっくて、ある程度の事は分かっていたので、もう十分だと思った。

c0021694_16344998.jpg

それが一週間前の3月31日の深夜の事。つまりエイプリルフールと同じ日になってしまったが、ポチッとした後は急に怖くなりエイプリルフールだったと言う事にしたかった。だが、早くも翌日の4月2日には家に届いてしまったのだ(配送指定時間を間違えてカミさんが受け取ったが、何も言わなかったのが恐いw)。

しかし土曜日は夕方まで仕事で、一度家へ帰ったものの、その日の夜は「スティーブ・ジョブス」の映画を見に行って帰ったらもう12時前。そして翌日(日曜日)もまた朝から仕事だったので、仕方なく車に載せ職場まで....。

c0021694_14472588.jpg

時間の空いた時にでも開封しょうと思ったら、結局お昼過ぎになってしまった。

てな、ワケでやっと開封の儀の始まり始まり.......。

まず箱を見た感想は「デカいな」だった。それまで小さなカメラばかり購入していたし、デジ一のK10Dですら、こんなに大きな箱ではなかった。言っとくけど、これ28mm単焦点レンズが1本着いただけの「コンデジ」だぞ。まあ、中身はもう少し小さいのだが、それでも箱が大きいと、それだけでビビる初心者。

c0021694_1527080.jpg

そして、その巨大な箱は、どこをどうやって開けるのか一瞬迷った。一応、Youtubeにはunboxing動画が沢山あって見ていたつもりだが、すっかり忘れていたのだ。

で、手前のプルを引っ張って~いくと.......「ぱっか~ん!」と桃太郎誕生状態で開いた。これは他のライカカメラと同じようなギミックだったが自分でやると、ちょっと感動。もう一度畳んで、何度かやったのはお約束。確か砂茶でも撮ったかな?

すると、その中には、また箱がある。「マトリョーシカかよ!」と思ったが、これもどうやって開けるのかと迷った。が、どうもマグネットでくっ着いているだけ。

c0021694_15325247.jpg

開けると、お節並みの重箱構造になっている事が判明。

とりあえず引っ張りだしてみる。

c0021694_15353022.jpg

「一の重」がカメラ本体だ。

この辺りの凝りようはアップルにも劣らない。箱なんて捨てるから気にしないと言う太っ腹な人も居るが、我々庶民はMacの箱と同様に後世大切に取って置く事にする。

c0021694_15375163.jpg

ビニール袋(←これは普通)を開けると、やっとQ様との御対面となった。

第一印象はコンデジなのにデカイ、いや「分厚いな」が正直な所。

c0021694_15385991.jpg

詳しい感想は追々書くとして、気になる「ニの重」は薄っぺらいのに何故か重い。

中身はなんだろうかと思ったら、ただの取説だった。一応取説もpdfで落とせるので、そっちを見る事にする。

c0021694_15411540.jpg

取説の他にも色々入っていて、確か「Adobe Photoshop Lightroom」が付属しているハズだがCD-ROM等はなし。イマドキの事だからDLだった。

他にも、こんな手書きのサインがあって、思わず「AMGかよ!」って思った。

c0021694_15434677.jpg

さて最後の「三の重」だが、これは分厚いのに何故か軽い。

中身は付属品だが、これが一つ一つライカロゴ入りの巾着袋に入っている。思わず「シャネルかよ!」って思った。(←スミマセン、ウソです)

c0021694_15463783.jpg

でも中身は、これだけ。

カメラ・ストラップが入っているが、たぶん使わないので新しいのを買わなくては。充電器もLeicaのロゴ入りだが普通のモノだ。

c0021694_1547590.jpg

他には、マップカメラからの「豪華特典」と後から買ったモノが色々ありが、またボチボチと。

まだまだ分からない事ばかりなので手探りで使っているが、ここ一週間の頭の中は「Leica」でいっぱいです。
トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/25475096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by がっちゃん at 2016-04-08 13:12 x
(;゜0゜)
Commented by tsubame at 2016-04-08 23:59 x
pingoさんの4/1は、以前のAクラス買換えネタが凄すぎて、
もう動じなくなりました(^^;
Commented by newC at 2016-04-11 06:22 x
そこはZEISSかよ!です。これで上京の折は堂々と「ライカストア」に行けますね。(落っことさないでね)
Commented by pingo21 at 2016-04-11 09:20
毎年毎年難易度が高くなって困ります。
裏の裏にしたら表になったみたいな。
もう来年は止めます(←と言うトラップ?w)
by pingo21 | 2016-04-08 12:17 | デジカメ・写真 | Trackback | Comments(4)