プジョー2008を試乗してみるの巻 ~ その1 ~

先日、気になっていた「2008」に試乗してみた。

この車も向こうでの発表時から知っていながら、生で見るまではノーマークだった。なのに、そのデザインとサイズ感に一目惚れ。ただ、中身は1.2Lの3気筒エンジンにシングルクラッチのトランスミッションと言うイマドキなヤツ。なので、その実力次第ではフィットの更新用にどうかと考えてみる。

c0021694_1531576.jpg

昼下がりの休日。先日見た2008が同じ場所に止まっていた。ナンバーが着いているのでたぶん、これが試乗車だ。

とりあえずショールームに入ると予想通り客は誰も居らず。なので入って早々「2008の試乗したいのですが〜」と叫ぶと、ちょっと偉い(みたいな)人が出てきて「外にあるのがそれですので用意します」と。ショールームにあったのは売れて無くなったので、これが試乗車と展示車と通勤車を兼ねているらしい。







いきなり試乗と言う事で、とりあえず借用書みたいなものにサイン。

以前、この系列で試乗した時は免許証のコピーも必要だったが、最近ではどのディーラーもそこまではなし。ただ試乗中にぶつけたらどうなるかを書いているだけだと思うし、セールスも同乗するので、このまま乗って帰る事も出来ない。

c0021694_15305011.jpg

で、ナンバー通りの2008です。

プジョーは昔から素のモデルよりSW系が好みだったが、208SWは出ないらしい。ついでに凄く好きだったCCも同様。でもエクステリアは小型SUVらしくて、なかなか良い。このルーフにあるモッコリが個性的。

c0021694_1642139.jpg

グレードは2つあるやつの上のシエロ。

Cieloとはスペイン語で「空」という意味で、プジョーでは良く使うグレード。その名の通りサンルーフが装備されている。ただ残念な事に開かない。開かないサンルーフは金魚鉢で嫌だが、最近の仏車はこれが多い。一応サンシェードが白なので車内は明るいが、夏場は開けても暑いだけだと思う。雨の日に開けても曇るだけ。開くサンルーフでさえ季節を選ぶのに、開かないのはタダの明かり取りにも思える。でも、どっちを選ぶかと聞かれたらシエロかな。

c0021694_1559976.jpg

インテリアは先の208系と同様。微妙に異なるらしいが、センターのモニターとかハンドルの上に来るメーター類の仕様は同じだ。

高級感はないけれど安っぽさもない。カジュアルで、この車のキャラクター通り。シートもシエロ仕様はアルカンタラとレザーのコンビとなる。

c0021694_1602784.jpg

期待していなかった荷室は思ったより広い。後部座席を倒すとシートが前にスライドして、フルフラットに近くなる。

「ゴルフバックも入ります」との説明だったが、ゴルフしないし。でも自転車を乗せるには上下の高さはどうだろうか。

c0021694_16151166.jpg

一通り、見た所で出発で~す.....つづく。
トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/22958033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by pingo21 | 2014-11-05 12:17 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(0)