雨の降る日はパンダを見に行くの巻

日曜日は晴れの予報だったのに、朝から雨。

それも小雨が降ったり止んだりの中途半端な天気。そのうえ寝違えたのか右を向くと首が痛い。それで予定していた朝ポタは休みにして、新しいPandaを見に行く事に....。

c0021694_8581443.jpg

本当は発表展示会の日に行けば良かったが、丁度A250Sが納車して最初の休日だったので気が引けたし、人も多いだろうと思い避けていた。しかし「元Panda45乗り」としては、A200Tの次の車としてパンダ3は候補の一台だった。これは是非確認しておきたかったし、将来フィットの買い替え時が来たならば、これまた候補の一台だ。

と思いながらA250SでFIAT店に乗り付けた....。



店頭には青いPandaが止まっている。

たぶん、これが試乗車だ。

c0021694_8584871.jpg

ショールームへ入ると前回の若いセールス氏が待っていたが、真っ先に展示されていたパンダを見ると「あ、パンダですか?」と意外な様子。後で聞いた話だが、新発売なのに全く人気がなくて未だ1台も売れていないとか。相変わらず500の方が人気でパンダ目当てで来る客は少ないらしい。

しかしセールス氏は「Aクラスを見るのは初めてなんですよ」と表に止めたA250Sに興味津々の様子で、逆に質問を受けたりしてAの話が盛り上がってしまった。

c0021694_8591925.jpg

あ、違う。バンダを見に来たんだと思い早速、車の回りをぐるりと一回りして見てみる。想像通りの大きさとカタチ。大抵は生の車を見ると想像との違いがあるのだが、これはそのまんま。「やっぱりイイ!」キャラクター的はA250Sと180度異なるけれど、もしW176の前に、これが出ていたら、かなり惹かれたと思う。

しかも当初は白が良いと思っていたが、A250Sで白い車と生活していると、やはり色付きが恋しくなったので、買うならこの「バレンタイン レッド」が良いかな。レッドと言うよりオレンジに近い色で近所にも、この色のパンダ2が1台生息しているので気になっていた。

c0021694_901893.jpg

早速インテリアも確認....と思ったが、試乗出来るなら乗ってみた方が早いと思い、そのまま外に止めてあった青いパンダへ。

ドアを開けると、思わず「あ、イタリアの匂い」と言ってしまった。イタリア車の匂いはドイツ車のそれとはちょっと違い、以前車評論家の人が言っていたけれど、あれはイタリアの空港を降り立った時に同じ匂いがしたとか(ホントか?)。

c0021694_905262.jpg

シートに座ると異常に高く感じる。レバーで一番下まで下げてみたが、それでも高い。僅か1ヶ月弱のA250との生活でも、すっかり低い車の目線に慣れてしまったのか。ステアリングはチルトはあれどテレスコはなし。ベーシックな車に、それを望んではイケナイがシートを調節したり色々やったがベストの位置にはならず。それでもシートの座り心地はなかなか良い。

しかし最も違和感を感じたのが、この左足のフットレストの位置。以前イプシロンを見た時も気になっていたが、足をそのまま置くと張り出した横のバネルが邪魔だ。いや、パネルの後ろに隠れていると言って良い位置だった。これは予想外な事。何でこんなにと思ったら「右ハンドル化の弊害」との事で、助手席側は全く問題無しの余裕の空間だった。

c0021694_912336.jpg

キーは500と同じ様なチョコバーみたいで、ちょっと大きく感じる。もちろん、スマートキーでもなければ何でも無いので、差し込んで回すだけ。

「TwinAir エンジン」という事で、アイドリング時の振動を予想したが、これが全く伝わらず。走り出しの時にブルブルと来るが、それ以外は普通のエンジンと変わらない。ダルいDCTに慣れているせいか、走り出しに結構トルク感を感じる。

c0021694_92894.jpg

そして、一番心配していた「デュアロジック」だが、これが実にスムーズ。1速から2速に変わる時に少しだけ「つんのめり感」があるが、そこは少しアクセルを戻してやれば何でも無い。言われなければ普通のATと思ってしまうかも知れない。

これならマニュアル操作をしなくてもAUTOのままでもOKだ。明らかに500のものより進化しているし、初めてでも「UP!」よりも乗りやすいと思った。

c0021694_925965.jpg

パワーは必要にして十分。軽四みたいな頭打ち感もなければ街乗りで3000回転ぐらいに回してもウルサくもない。これは意外だったし良く出来ている。

乗り心地も堅からず柔らかからず適度な重量感もあり、これまた初代の頃の500より良いと思う。でも背が高い分、ややフラット感が足りない感じだが、何だかW169の懐かしさもある。

c0021694_935667.jpg

ナビは取って付けただけだが、A250Sの位置で慣れているので、これで不満はない。本国でもパネル埋め込み式はないし、オーディオを外しても2DINは確保されないだろう。

カタログにはカロのMRP006とバックカメラも用意されていた(バックのトリガーで自動きりかえ出来るのかな?)ので、着けるならそっちかな。あとETCの設定がないので、これも何処かに着ける必要がある。

c0021694_95497.jpg

今時のオーディオらしく、ちゃんとステアリングで操作出来るしBT完備でハンズフリーの電話も可能。音の方も意外と良かった。

気が付かなかったけれどアイドリングストップも備えていた。流石に今時かと思ったらエコカー減税対象車ではないらしい。うちのA250Sよりは絶対燃費は良いと思うが僅か「875cc」のエンジンなのに、これまた意外。

c0021694_953869.jpg

後部座席の乗り降りはA250Sより断然良い。ヘッドクリアランスも何とかOK。ドアの開閉も意外と剛性感があって、ペラペラだった初代とは大違い。後部座席は手回しウィンドウだけれど何故かパンダなら許せてしまう。これがドイ車なら「今時軽四でもパワーウィンドウだ」と比較されるが、パンダですからと軽く流せさそうなな雰囲気。

ラゲッジルームは想像通りで、ここにTikitは無理っぽい。ちなみにスペアタイヤは無いがパンク修理剤も標準で装備はしていないらしい。まあ、パンダですから....。

c0021694_1019181.jpg

一つ残念なのがサンルーフの設定がない事。元ダブルサンルーフ乗りとしては、ちょっと寂しい。それにパンダと言えば4×4だが、これも発売予定は無い。

まあ、今のFIATは購入サポートと言う値引きと限定車商法で迫って来るので、毎年色々なタイプの車が出て来そうでもある。

c0021694_943496.jpg

帰り道、再びA250Sに乗ると、確かに大船に乗った感じで、安心感や安定感、その上パワーや剛性感も全然違う。なのに何か物足りない。価格やスペックでは比べられない心をつかむ何か。やはりラテン車とドイツ車は根本的に別の車なんだと思う。

初代と比べ二代目が短命だったが、この三代目は意外と長く行くんじゃないかな。あーでも、あのフットレストの位置だけは改善されそもうないか。となると左ハンドル車を並行で買うのが一番なのか。どうせならディーゼルで4☓4も良いかも知れない。でもMTしかないか......と妄想してみる。
トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/20406284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by しまあに at 2013-06-24 16:34 x
車に対するドキドキって、人それぞれですよね。
新型Golfは、ちょっと乗ってみたい気はします。
FIATは、500の方かな?(^^;
Commented by しまあに at 2013-06-24 18:52 x
A-Club信州オフの詳細出ました。
http://aclub.dip.jp/OFF/
Commented by pingo21 at 2013-06-25 10:44
Golf7に乗るとAはキャンセルになるかもw
Commented by しまあに at 2013-06-25 23:57 x
もうキャンセルは効かないです(^^;
それに、Golfの純正ナビ、日本向けになってないらしいですよ。
Commented by pingo21 at 2013-06-26 11:37
秋頃対応だから、これまた初物を買うより年明けぐらい待った方が良さそうな。
サザン効果で、ゆっくりしていると半年待ちとかになりそうな人気ですが。
by pingo21 | 2013-06-24 12:21 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(5)