CR-Z (MT車)試乗 二周目

...またまた昨日の続き。

MT車のCR-Zの試乗を申し出ると、予約表をチェックして「暫くお待ち下さい」と。あれ?誰も待っていないと思ったけれど予約があったのかな。

そこで、しばし待つことに...。
c0021694_1525452.jpg

5分ぐらい経って綺麗なお姉さん(もういいか)が「試乗車の準備が出来ました」と呼びに来た。だけど今度も「勝手にどうぞ」の放置プレイ。

まあMT車だから迷うことはないかと思い、ドアを開けた.....。



おっと「無限」のロゴの入ったカーペットが、お出迎え。

しかし、平成のエコカー減税対象車に「無限」は何か違う様な気がしたが、こんなのがあるのもホンダならではのもの。
c0021694_15255897.jpg

今度はキーが刺さった車だから迷いはない。ただ、久しぶりにのMT車だ。上手く運転出来るのか、ちょっと微妙。とりあえず足が短いのでシートを思いっきり前へ(笑

まずは、エンジン始動とばかりにキーを捻ってみたが......あれ?エンジンが駆からないぞ?

もう一度やってみたが....何か間違っている?
c0021694_15264287.jpg

すると「クラッチを踏んでください」とか何とかのメッセージが出た。

お〜、そうかそうか。いつもの要領でブレーキだけ踏んでクラッチ踏むの忘れてた(←バカ)

イキナリの表示でデシカメする暇もなかったが、こんなのが出てくると何となく未来の車だ。これが音声案内ならば誰かに見られているのかとカメラを探すかも。一人で良かったわ(笑
c0021694_15261935.jpg

では、今度こそエンジン始動。とりあえず1速からスタート........と恐る恐るクラッチを繋いでいく。

出だしは先ほどのCVT車と変わらず。いや変化を感じる余裕もなく直ぐに赤信号でストップ。そのまま減速して行ったと思ったら、いきなりガクガクブルブル......え〜何これ?と思ったらエンスト。
c0021694_16585223.jpg

その時、止まる時もクラッチを踏むことを忘れてた。あかんがな。もう完全に忘れてる(←ポケ)。

と言うか、MTってこんな面倒だったのか。昔は、これが当たり前とばかりに無意識でやっていた事なのに、すっかり極楽AT操作に肩まで浸かってこのザマだ。恥ずかしい、死にたい。でも一人で良かったわ(笑

一度失敗を経験した所で、やっとMT操作を思い出し、そこからは快調に飛ばす.....と思ったら、やはり車が多いので、その度にクラッチ踏んでシフトを戻しての繰り返し。でも、このシフトノブ短めでコクコクッと入って気持ちよい。慣れたらたぶん面白いだろうな〜

もう一つ面白いのはニュートラルにするとエンジンが切れて、クラッチ踏んだまま1速に入れると「ブルッ」とエンジンが駆かる仕組み。よー出来ているわ。AのMT車にあるエンジンストップ機能もこんな感じかな。
c0021694_15263129.jpg

結局6速に入れたのは一度だけ。CVTとMT車の違いを確認する間もなく今度も短い距離のままディーラーへ戻ってきた。

メーター見ると「真っ青」になっている(アンビエントメーターと呼ぶらしい)。つまりエコな走行が出来てないって事。「平均燃費」を見ると「9.8km/L」の表示が。沢山の人がMTだからと言って思いっきり引っ張ったりして走った為かな。いや、こんなに距離が短いと燃費が伸びる暇もないか。それとも、これが実燃費に近いのか。
c0021694_15265216.jpg

最後にバックで止めようとしたらCVT車にあったナビ(バックモニター)がMT車にはなかった。後ろは何となく見えるものの慣れないとやはり、壁から大きく空けてと止めてしまったので、もう一度バックで修正。

最後まで慣れない車だと思ったが、逆にCVTだのバックカメラだのと便利物に毒されている事を実感。でも、もう戻れない体になってしまった。

時間帯にもよるけれど試乗コースは、もう少し長くないと、この車の良さが分からないと思うな。これでは「とりあえず乗ってみました」だけだ。
c0021694_15271480.jpg

しかしCR-Zと言う車。最初は全然感心がなかったけれど、イザ乗ってみると車としてはなかなか良かった。少なくとも同じハイブリッド車であるインサイトとは違う。確かに欧州車にあるスポーツカーとは「重み」が希薄だが、これはこれで良いと思う。

ただハイブリッドだと言っても現実的に燃費を期待すると走りが犠牲になり、走りを楽しもうとすればスポーツモードとなってしまう。そうなると燃費に期待できないという矛盾が生じる。まあ、その都度切り替えられるから「一粒で二度美味しい」と考えれば良いのか。

スポーツカーと言うかスポーティーに味合うにはMT車の方が楽しいって意味は分かるが、現実的に買うならCVT車の方かな。でも、これは慣れだけの問題かも。一つだけ気に入らないと言えばデザイン。CR-Xは好きだったけれど、何故か「ビビッ!」と来ない。もし展示されていたTYPE R EUROのデザインがCR-Zだったならば、たぶん借金してでも買ったと思う。
c0021694_1527240.jpg

試乗から戻るとタイミング良く点検は終了。

フィットはブレーキパッドの消耗と後輪タイヤが少しひび割れているので、次回の車検(1年後)までには交換をとの事。結局、オイル交換(半額)込で1万2千円で済んだ。いや、オイル以外は何も変わらないのに、これでは高いのか。Aの12ヶ月点検を終えたばかりなので何か感覚がマヒしてるな。

夏頃には安いタイヤを見つけて交換しておきたいが、発売が早まって8月頃に出ると言われている「Fitのハイブリッド車」も気になる。我が家も次のセカンドカー、いやファーストカーはハイブリッドかな。
トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/14014501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by らのう at 2010-03-26 12:33 x
路線バスのアイドリングストップ機構も同じような仕組みです。
でも、いまどきMTは要らないような気がします。普通の人が運転するなら、やっぱDCT。
Commented by まこやん at 2010-03-26 13:07 x
田舎のディーラーだと全開試乗が楽しめます
某メルベン店とか某ホンダ店とか
某ホンダ店は工業地帯が試乗コースなので凄く楽しめますョ

だから街中のディラーは嫌いです(笑)
Commented by pingo21 at 2010-03-26 13:29
注文状況でCVT:MTが6:4って本当かな?
せいぜい8:2ぐらいかと思うけど。
Commented by まこやん at 2010-04-05 12:01 x
遅ればせながら浜街道で全開加速の試乗しました。

CVTのすべり感に違和感ありありで加速しませんw
思ったより遅いですがインサイトよりは確実に速い。

CRX-siに乗ってた時代があるのでそれと比べると後ろの窓も小さいしエンジンも大人しいので雰囲気を楽しむ車だと思いました。

どうせなら大人気だった時代のプレリュードを模した方が良かったかも。
Commented by pingo21 at 2010-04-05 12:10
そうですかインサイトよりは速いですか。
いいな~全開加速。これで、また燃費の数字がw
by pingo21 | 2010-03-26 12:14 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(5)