新型 ルノー トゥインゴ デビューフェア 〜 試乗編 〜

...........昨日の続き。

アンケートを書き終えてカタログを眺めていると、ツナギを着たサービスのお兄さんが「試乗車のご用意できました」と呼びに来た。

コーヒーを飲み干していよいよ試乗です。
c0021694_18122287.jpg

今回は、このお兄さんが同乗するらしい。

早速ドアを開けて、やや腰高のシートに座りハンドルの位置を調整してエンジン始動。とりあえず国道に出てみた。





最初にハンドルを重く感じなかったのは、たぶん普通より軽いと言う事だ。なので他車と比べるとたぶん軽く感じると思う。

走り出した瞬間は柔らかい感触で、小型車を感じさせない剛性感と安定感を感じたが、それは一瞬の事。少し走ってみると普通の車であり、それ以上でも以下でもない、が最初の印象。
c0021694_18133313.jpg

何時もなら試乗しょうとする車に関して事前に色々と調べたりするのだけれど、今回は気がつけばデビューフェアの最終日で、慌てて来た為に大した知識がなかった。

なので試乗車がノーマル車だと知ったのは、乗った時の事。チラッ見でGT(ターボ仕様)かと思っていたら、ノーマルの1.2L(正確には1.148L)のSOHC。馬力を聞いたら良く分からないとの事だったので、後でカタログで確認すると「75PS、10.9kgm」だった。でも数字で想像するより快活で良く走る。たぶん車重さが1トンを切る軽さにもあると思う。
c0021694_18123789.jpg

ただ、最初に面食らったのは「クイックシフト」と呼ばれる2ペダルのMT。

これをATモードのアクセル踏みっぱなしで走らすとグオーンと回ってガクンと繋がる感じ。何度かやってみたけれど、最初はこのギクシャク感に慣れず。走っている内に段々と慣れてギアチェンジの手前で少しアクセルを抜いてやると、まあまあ良い感じになった。

FIAT500の時もそうだったけれど、どーも、この2ペダル車(DSG以外)には慣れない。今はだいぶ良くなったとか聞くけれどCVTの感じで走らせると大昔のATに乗っている感じ。我が家のようにCVT車生活にどっぷり浸かると、段々他の車に乗れなくなってしまう。でも、これを絶賛している人がいると言う事は、使い方次第なのか学習なのか慣れなのか?

で、途中からMTモードを試してみたら、こっちの方が素直。これはMTモードで走らす方がストレスなくスムーズに走れると思った。
c0021694_18124968.jpg

速度に乗って普通に走ると、普通です(笑い エアコンかけても極端なパワーダウンはなし。一応クリープはあるけれど、ちょっと坂道だと少し弱い。

乗り心地も最初はフランス車らくし、しなやかだと感じたけれど凸凹道を走ると結構堅い。

でも不快でもない。何だか突き上げをシートの柔らかさが緩衝している感じがする。堅いのに柔らかい、この乗り心地.......って考えたらコンフォートタイヤに換えたA200Tと少し似ていると思った。まだ下ろしたてで走行距離が延びていないせいもあると思うが、逆に高速なんかでは不安はないかも知れない。
c0021694_1813147.jpg

あ、そうそう最初はシートをべた褒めしたけれど、どーも座面が短い気がする。もう少し背もたれを調整してと思ったら、今度はシフトレバーが少々遠くて、少し手を伸ばさないと届かない。

プジョーの207もそうだったかな? なんかシートの位置を調整したらシフトレバーが遠い車がある。まあ、これは体型の違いだと思うけれど(大笑

ブレーキは良く効くしコーナリングも結構スムーズ。試乗は「何処まで行ったら良いですか?」で、やっとUターン。なんか結構走った気がするが、試乗は気が済むまでみたいでコースが決まってて10分少々で終わってしまう試乗より好感持てた。
c0021694_1051959.jpg

店まで帰ってバックで駐車してみたけれど、小回りが効くのが良い。

3.6mの車長と言えばA160と同じだけれど、この点は大きく違う。小さい車は、こうでなくっちゃ。

さて、どーせ買うなら、このターボ仕様のGT車かな。
c0021694_18131288.jpg

しかし、これはMTオンリーだった。

まあ慣れないクイックシフトで乗るよりMTの方が潔いか。

でも、今更MTに乗れよとは言えない。なので、この時点でフィットの買い換え車には相当しないと思った。残念。
c0021694_18132213.jpg

新しいトゥインゴ買うなら絶対にGTのMTだと思う。サンルーフ標準装備だしね。

だけど少々値段が高いのが痛い(本体車両価格240万円)。これで日本の小型車市場に殴り込み、なんて事は到底考えていないと思うけれど、ヨーロッパの小型車に趣味性を持たない人にとっては1.2Lの車にこの値段ではムリ。初代トゥインゴが、そこそこ売れたのは、あのユニークなカタチと、輸入車なのに140万円と言う激安価格にあったと思う。

「トゥインゴ」と名が付いても、パンダ同様に継続されたモデルチェンジ車ではない感じがする。これをカングーの次に売り込むには、少々無理がある。カングーは日本車や他の輸入車にはない尖った所が人気なワケで、新しいトゥインゴは見た目普通で、1.2Lにしては燃費も大した事はなく、走る車でもない。そう考えると誰が買うのか。たぶんユーロ高の時に設定された価格だと思うけれど、GT車でも200万円を切らないと、この時節柄売りにくいのではと思う。

と、少々辛口になってしまったけれど、C2も入ってこないし3ドアの小さい車となるとMTもある分、貴重とも言える。ルノーって頑なにMT車を入れるのには好感持てるけれど、それが商売に繋がらないのは残念な所。

でも、今非常に興味があるのが、新しい「メガーヌのクーペ」これ写真ではイマイチだったけれどCGTVで見た黒色のクーペはちょっと格好良かった。なんか久しぶりにビビっと来た車で今一番興味がある。これがA200Tの買い換え対象になるかどうか? 出たらまた見に来ようかな。
c0021694_750507.jpg

帰り際、トゥインゴのミニカーと、ここのお客さんで画家の人が書いたらしいオリジナルカレンダーを頂いた。

このカレンダーちょっと良い。なんか原画が欲しくなる。ルノーでカレンダーと言えばこの時も貰ったし、カレンダーが終わった今でも、ちゃんと部屋に飾っている。

これも一緒に飾っておこう。
トラックバックURL : http://aozla.exblog.jp/tb/10151540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ひらの at 2008-11-18 12:53 x
某並行輸入車のお店では「TWINGO RS」を導入予定とか。いかがですか(笑)
Commented by pingo21 at 2008-11-18 17:45
TWINGO RSの方が安いじゃないですかw
Commented by らのう at 2008-11-18 23:14 x
CVTはあまり好きじゃないのですが、
いつの間にか、我が家のクルマ2台共にCVTになっちゃいました(笑)
同じCVTでも、制御方法は全然違いますね。
オヤジのクルマは、アクセルを少しだけ踏むと、発進時に若干回転数が上がるだけで、後は1000回転程度を維持します。
後、減速時、エンジンブレーキの利かせ方とかも結構違いますね。
Commented by pingo21 at 2008-11-20 00:19
そうですね、フィットとAも、ちょっと違います。
まあ、これは開発された時代の差でもありますが。

by pingo21 | 2008-11-18 12:19 | 気になる車・試乗車・代車 | Trackback | Comments(4)